怖い?手のひらで100万人個人識別/富士通が認証技術開発

富士通研究所は、片手を端末にかざすだけで、事前に登録された100万人のデータから、2秒以内に特定の個人を識別できる技術を開発したそうです。

私も、それで判別出来るかな?

と言うのは、私は手あれが酷いからです。

「もうちょっとで治る」

って時に、また手がカユくなります。

かいてはダメなのは分かっています。

でも・・・

そんな手でも判別できるのでしょうか?

と思って、元記事を読むと、この識別は、手のひらの静脈と指3本の指紋を利用しているそうです。

うん?

タイトルでは、手のひらってなっていたから、あんまり抵抗無かったけど。

もし、このシステムが実用化されたら、手のひらと言いながら国民の指紋を、強制的に採取することになるのではないか?

別に、私は悪いことをしている訳ではありませんけど、そうやって勝手に情報を集められるのはちょっとな〜

正直、今の国は信用できないし〜

たとえば、震災後の原発の発表など見てても思います。

たくさんの人に影響する事ですら、あの状態です。

個人となれば、何とでも捏造してきそうなイメージがあります。

ま〜、私は文句言いなので、どこで人に疎まれることやら。

ある日、まったく覚えが無いのに、指紋が検出されたと警察が家に押し込んでくるかも。

えっ!ドラマや映画の見すぎだって?

今の世の中、何が起こるか分かりませんよ〜

お〜、こわ〜〜〜い

手のひらで100万人個人識別/富士通が認証技術開発

 富士通研究所(川崎市)は1日、片手を端末にかざすだけで、事前に登録された100万人規模のデータから2秒以内に、特定の個人を識別できる技術を開発したと発表した。従来の生体認証技術ではIDカードなどが必要だが、この技術では手ぶらで個人認証をすることが可能になるという。将来は、買い物の決済など幅広い用途での活用を目指す。

 今回の生体認証技術では、手のひらの静脈と指3本の指紋を利用している。2~3年後には実用化できる見通し。

 研究所の富田達夫社長は「手をかざすだけなので、暗証番号などを打ち込みにくいお年寄りらも含めて誰でも安心して使える」と話した。

手のひらで100万人個人識別/富士通が認証技術開発 | 全国ニュース | 四国新聞社.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク