よかった?商標権争い「ミッフィー」と「キャシー」が和解 訴訟関連費用を震災支援に

「ミッフィー」と「キャシー」が、和解したようです。

いや〜、あの喧嘩すごかったですね〜

ミッフィーがなぐりかかると、キャシーがそれに対して・・・

なんて話ではありません。

話の流れは、「ミッフィー」の権利を管理するメルシス(オランダ)が、サンリオの「キャシー」は、ミッフィーの著作権を侵害したって感じだったとおもいます。

ところで、ミッフィーに似ているとされた、キャシーってどんなの?

左がミッフィーで、右がキャシーです。

似ているといえば、似ているかな?

さて、今回、和解したようです。

そして、訴訟にかかる費用を被災地の復興支援に充てることを決めたそうです。

何ていい話だ〜

私は泣いちゃいそうだよ。

そして、ミッフィーも

このミッフィーは、東日本大震災で日本の子どもたちに寄せた、ディック・ブルーナさんのイラストとメッセージだそうです。

商標権争い「ミッフィー」と「キャシー」が和解 訴訟関連費用を震災支援に

サンリオは7日、ウサギのキャラクター「ミッフィー」の知的所有権を管理するメルシス(オランダ)が、サンリオの「キャシー」はミッフィーの著作権や商標権を侵害したとして関連製品の生産を停止するよう起こした係争で、メルシス社と和解に合意したと発表した。

3月の東日本大震災を受け、ミッフィーの生みの親である作家のディック・ブルーナ氏とメルシス、サンリオで互いの訴訟を取り下げることに合意。メルシスとサンリオが共同で、訴訟にかかる費用を被災地の復興支援に充てることを決めた。共同で15万ユーロ(約1750万円)を義援金として寄付する。

メルシスの差し止め請求を受け、アムステルダム地方裁判所は昨年11月、サンリオに生産の差し止めを求める仮処分命令を下したが、サンリオは権利侵害はしていないとして異議を申し立てた。

これに対してメルシスは本訴訟を起こし、サンリオはミッフィーの商標権の取り消しを求める訴訟を起こしていた。
商標権争い「ミッフィー」と「キャシー」が和解 訴訟関連費用を震災支援に – MSN産経ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク