どうですか?アップル、「OS X Lion」のダウンロード販売を開始

Mac用の次期OS「OS X Lion」が発売されたようです。

ちなみに、私はMacが嫌いです。

そのMac嫌いも、Apple IIぐらいからなので、数十年と筋金入りです。

なんで、ほとんどの人がWindowsやのに、わざわざMacにするの?

もしかして、変わり者?ひねくれ者?

なんて思ってしまいます。

ま〜、別に他人が何を買おうと、私の財布が痛む訳ではありません。

で、新しいOSっていくらなの?

えっ!2600円!

目をゴシゴシ。

やっぱり、2600円見たいです。

信じられない〜

どこの、いえ、windowsとはいいませんけど、あのボッタクリの値段を押し付けるのが当たり前と思っていたので、この値段には驚きです。

私のパソコンも限界です。

もうそろそろ新しいのが欲しいです。

また、windowsって考えていましたが・・・

Macもいいかも?

だって、今は昔とちがって、OSがどうって時代でもないし〜

どちらかといえば、ブラウザさえあれば何とかなるって感じだし〜

おっと、そういえば、今のOSはlinuxを使っているんだった。

ブラウザが、firefoxを使っているので、ブログの更新はwindowsだろうがlinuxだろうがほとんど変わりません。

使った事がないので分かりませんが、ブログ更新に関してはMacも、そんなに変わらないと思います。

昔は、OSが何であるかが大切だったのに、時代は変わりましたね〜

この傾向が続いてくれると、傲慢なマイクロソフトも考え直してOSの値段を下げてくれないかな〜

それと、新製品のサイクルが早すぎる。

なんか、Macの悪口より、windowsの悪口が多くなってきたのでこの辺で終わります。

最後に、やっぱり、Macもいいかも。

アップル、「OS X Lion」のダウンロード販売を開始

アップルは、Mac用の次期OS「OS X Lion」の発売を開始した。価格は2600円。パッケージ版は存在せず、Mac OS X用オンラインストア「Mac App Store」からのダウンロード販売のみとなる。ファイル容量は3.49GB。

また、合わせてサーバー版の「OS X Lion Server」もリリースされた。価格は4300円で、ファイルサイズは14.5MBとなっている。

OS X Lionは、Lionは、3000以上の新APIを採用しており、トラックパッドを利用した「マルチタッチジェスチャー」機能、フルスクリーンアプリケーション、Dashboard/Expose/Spacesを1つにまとめた「Mission Control」など、250以上の新機能が用意される。

対応環境は、Intel Core 2 Duo、Core i3/i5/i7、またはXeonプロセッサを搭載したMac。また、「Mac OS X Snow Leopard」がインストール済みとなっている必要がある(アップグレードインストールのみ)。
ASCII.jp:アップル、「OS X Lion」のダウンロード販売を開始.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク