これもガンダム?最近のやつは分からんわ〜

ガンダムといえば、シリーズ化されて色々あるようだが、私にとってガンダムといえば一番初期のやつだ。

機動戦士ガンダム

で、よかったかな?

曖昧な書き込みで分かるように、あまりガンダムについて詳しくない。

なぜなら、ガンダムとタイトルのつくので見たのは、初期の以外ではΖガンダムと、ダブルΖかな?

とはいえ、最後まで見たのは初期のみ。

なぜなら、あまり面白いと思わなかったからだ。

その感想は

「ただの、ロボットアニメじゃん」

である。

さて、私が初期のガンダムを見たのは、まさにリアルタイムで・・・

と言いたいところだが、マニアならしっていると思うが、ガンダムは再放送されてジワジワ人気が出てきた。

私は、その再放送組だ。

時代は、ガンプラブーム。

私も、訳分からずブームにのった。

そりゃ〜、当時のガンプラの人気といったらすごかった。

入荷すれば、すぐ売りきれ。

ほしいものは、予約してなんか月も待つのがあたりまえ。

そんな状態だから、ある奴をとりあえず買っとけ〜

って事で買ったのが、ジム。

懐かしい思い出でだ。

そういえば、ケロロ軍曹をみていると、ガンプラの話題がでていた。

何かの景品で、パッチもんのガンプラがもらえるって話だ。

う〜ん、懐かしい。

確かに、当時、ガンプラににたパッチもんがあった。

おもわず、わたしも間違えて買ってしまうところだった。

「いや〜、買わなくてよかった」

っていいたいところですが、今となっては、

「なんで、パッチもんを大人買いしなかったのだろうか」

と、あの頃の自分をうらみたい。

いまなら、オークションでそれなりの値段で売れるのに〜

そんな、ピュアな心をなくした大人になって、ガンダム(初期)を改めてみた。

すると、面白いじゃないか〜

ピュアな心をどこかに失う前は、ガンダムを見て

「モビルスーツってカッコいい〜」

だったのだが、時代も変わりアニメの技術もあがり、今見ると作画的には古くさいのだが、内容は非常〜に深いな〜って思う。

なにがって?

あれって、主人公のアムロの成長記録みたいな側面もあるんだよね〜

主人公は学業的に見れば優秀(どうか知らんけど)でも、社会的評価でみれば、まだまだ子供のアムロがいろいろな経験をして大人になっていく過程が非常におもしろかった。

そんなところが面白く感じたので、アニメが違うが、エヴァンゲリオンの碇シンジが、ウジウジといつまでも自分の世界から抜け出せないようなアニメは

「これの何処が面白の?」

って思う。

「いつまで、ウジウジと・・・あ〜見ていて憂鬱になるわ〜」

ま〜、エヴァの場合、私が高校生以下で中学生ぐらいに見ていたら、それなりの共感できる部分はあったように思うけど。

しかし、ある程度年をとって、世の中の理不尽も受け入れられるようになってから見ると、何とも小さな世界でウジウジしているようにみえる。

ま〜、こんなことを書けば、

「わかってないな〜」

それは違うと、エヴァのファンから独自の解釈を聞かされそうだが・・・

それも、私にとってみれば

「そう思っているのは、あなただけで、自分だけ分かったふりして優越感にひたっているのでは?」

と、またエヴァのファンに喧嘩を売ってしまいそうだが。

エヴァはさておき、私の好きなガンダムだが。

私は、初期のやつ以外はガンダムと認めない。

って思っていたのだが、ネットを見ていて、これもガンダムと認めていいかも?って奴があった。

なんせ、このガンダムは、どのガンダムと比べても人間臭い。

いや、人間といってもいいほど、人間味にあふれている。

ネットで見つけたため、詳しいことは分からない。

しかし、そのガンダムのフィギュア(非売品)もあるようなので、コアなファンもいるのだろう。

確かに、このガンダムには心引かれるものがある。

「もっと知りたい」

この私をここまで惹きつけるのには、やはりガンダムの奥深さだろうか?

きっと、これを生み出すにあたって色々な葛藤もあっただろう。

それを乗り越えた、哀愁にも似たストーリーを、私の心には感じる。

けっして、私がニュータイプだからってわけだがらではない。

断じて違う。

きっと、あなたにも何か感じるはずだ。

たぶん、この感情はガンダムを愛するすべてのファンの心をつかんではなさないだろう。

これだ。

私は、立ち上がり、ブラボーと叫んでしまった。

おはずかしい・・・・

私は、この画像を見ていると、目頭が熱くなる。

万感の思いを込めて。

私の予想では、外国のファンの作品のようにも見える。

あくまでも、私の第六感がそうかんじさせるのであって、本当のところはわからない。

いや、国産ものだというおそれも、ないとはいえないが・・・

日本で生まれたガンダムが、外国人の心にも受け止められ、新たなる解釈が生み出されたものだとすれば、これはこれでガンダムを愛するものとしては感無量だ。

もし、このガンダムの入手経路を知っているものがいたら、ぜひ教えてほしい。

ぜひともコレクションに加えたいものだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク