ついに発見?幻のツチノコ出現!?富士川町

ついに、ツチノコ発見?

山梨県富士川町で、ツチノコらしきものが発見されたよだ。

ツチノコか〜

ツチノコと聞くと、子供時代を思い出す。

あの頃は、ツチノコ以外に、UFOやネッシーなど不思議なものに心を踊らしたものだ。

何処から、そのような情報を仕入れたのだろうか?と考えたが、あまり記憶にない。

たぶん、テレビや雑誌だったとおもう。

今思えば、あの頃のテレビが一番面白かったと思う。

あの頃の番組を今思い出すと、明らかに作り話だとわかるのだが、当時はまるで事実のように受け止めていた。

ばかだな〜って言えばそれまでだが・・・無邪気ってことにしておこう。

さて、私も子供のころに、友達と一緒に網をもってツチノコを探しにいったものだ。

かなり真剣に・・・

なぜ、それほど真剣に探しに行ったかというと、ツチノコを見つけると賞金が出ると言う噂を聞いたからだ。

すべての原動力は、金。

実に子供らしい無邪気な発想だ。

褒めてあげたいぐらいだ。

まさに、宝探しの気分でツチノコを、近所の空き地で探した。

いまおもうと、近所の空き地ってところが、子供らしいな〜っておもう。

そんな、賞金がかかるほどの、幻の生き物が近所の空き地なんかにいるはずはないのだが。

さて、そんなツチノコがついにみつかったようだ。

これだ。

画像を見るまで、半信半疑だっただったが、昔からの噂どおり、普通の蛇に比べて胴体が太い。

21世紀になり、ついに7不思議の一つともいえる、ツチノコを発見か!

と、いまでは韓流ゴリ押しのテレビでさえ、それを差し置いてトップの話題になりそうなのだが・・・

ま〜、今のテレビは、自分の都合の悪いデモなどは、まるでなかったように無視する状態。

もしかして、ツチノコ発見もテレビ局にとって都合が悪いのだろうか?

実は、このツチノコ?どうも、ツチノコではないようだ。

じゃあ、何?と聞かれたら、答えは、人間に見つかってビビったマムシだったようだ。

マムシは、威嚇するために体を太くすることがあるそうだ。

その証拠に、このツチノコもどきのマムシは、数日で普通のマムシに戻ったようだ。

な〜んだっていいたいところだが、普段私の住んでいる大阪では、蛇何て見る機会がない。

ましてや、とっても危険なマムシなんて、動物園?みたいなところに行かなければ見ることが出来ない。

だから、たとえツチノコではなくても、何かマムシって聞くだけでワクワクする。

ところで、ツチノコについてしらべていると、更なる未知の生物の画像をみつけた。

分類的には、ツチノコに属するのだろうか?

私はその専門ではないので、詳しいことはわからない。

しかし、私は、この道なる生き物を触ってみたいという欲求にかられる。

これだ。

画像の入手経路については、ここで明かすことは出来ない。

その辺は察してほしい。

この未知なる生き物の存在が明らかになっただけでも、事の重大性がわかるとおもう。

まさに、Xファイル扱いの代物だ。

危険を顧みず、少しだけ情報をリークすると、これはツチヌコと言われる生き物だ。

また、柄はちがうが、にゃんこ先生だと言う噂もないわけではない。

その件についてしらべたところ、にゃんこ先生は、ただいま療養中につき眠りこけているらしい。

性格的には、気まぐれで予想が出来ないとの噂もある。

このツチヌコに関しては、情報が入り次第、お伝えできる範囲で発表したい。

幻のツチノコ出現!?富士川町
一時騒然 正体は変形したマムシ

ツチノコ出現!? 富士川町内で会社を経営する男性(59)が会社近くの草むらで、幻の動物「ツチノコ」に似た胴体の幅が広いヘビを見つけた。「初めて見た形のヘビ」(男性)に、周囲は一時「ツチノコか」と騒然となった。

男性によると、ヘビは体長約40センチで、緑色のまだら模様。19日午後3時ごろ、男性がとぐろを巻いているところを見つけ、いったんその場を離れて5分後に戻ると、ヘビは胴の幅を広げ、平べったい形に変わっていた。その後捕獲して瓶に保管していたが、22日朝に確認したところ、元の姿に戻っていたという。

ヘビに関する研究や展示をしているジャパンスネークセンター(群馬県太田市)によると、ヘビは「マムシの可能性が高い」。マムシは外敵に見つかった際、体を大きくして威嚇するため胴体を平べったくすることがあり、「威嚇行動のうちの一つで珍しいことではないが、人が目にすることは少ない」という。

男性はマムシと分かり、「元に戻ったので怪しいとは思っていたが、とんだ騒動だった」と残念そう。ヘビは今後焼酎漬けにする予定だという。

幻のツチノコ出現!?富士川町 – 山梨日日新聞 みるじゃん.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク