試したかったのだが!Google、終了予定サービスを発表 「Google Desktop」や「Web Security」も

普段の検索は、グーグルを使っています。

グーグルって、検索以外にも色々あるんですね。

たとえば、ブラウザのクロームや、日本語入力のソフト?とか。

その他にも色々あります。

みつけては、その都度ためしています。

ま〜、使って見た感想ですが、どれも少し不満があり継続して利用しているのはありませんが。

さて、そのように次々に新しいものを発表しているグーグルですが、消えゆく物もあるようです。

今回、グーグルの公式ブログで10個のサービスの打ちきりが発表されたようです。

で、その一覧をみました。

「う〜ん、どれも知らないな〜」ってのばかりです。

しかし、その中で一つだけきになるのがありました。

「Google Desktop」です。

これは、自分のパソコンのファイルを、検索サイトみたいに表示させるソフトだっと思います。

興味があったので、一度は試したいと思っていたのですが、今回これも終了のようです。

これって、私できには画期的な機能だと思ったのですが・・・

そこで、他の人の意見をみてみました。

Google Desktop
重い、不便、常駐の三重苦ツールだったな

これだけ入れた記憶がある
普通にネットで検索したのと同じような感じで表示されるんで
気持ち悪くてすぐやめた

Google Desktopをランチャーに使ってる俺涙目。
テキストランチャーでイカス奴を探さんとイカンな。
bluewindに戻るか。

GoogleデスクトップでThunderbird検索がどうしてもできない
いろいろネット上に書かれてるやり方やってもダメだった。

あれ?私の思いとは裏腹に、余り好評な意見は見つかりませんでした。

ま〜、好評なら、サービスが終了することもないでしょう。

それでも、興味あったんだけどな〜

改めて考えると、今まで必要なかったので、これからも必要ないかもしれませんね。

そのまえに、この機能ってOSの基本的な機能じゃないの?

OSのファイル検索機能が貧弱だから、こんなツールが作られたんだと思います。

いつまでもボッタクリ価格で販売するWindowsに、もうちょっと頑張ってほしいと思います。

Google、終了予定サービスを発表 「Google Desktop」や「Web Security」も

Google+などのソーシャルサービの登場で役割を終えたとみられるソーシャル検索サービス「Aardvark」や「Google Notebook」、「Sidewiki」なども終了になる。

米Googleは9月2日(現地時間)、“秋の大掃除”と題した公式ブログで、10のサービスの打ち切りを発表した。同社のラリー・ペイジCEOが7月の業績発表の際に説明した主力サービスへのリソース集中の取り組みの一環という。

同社は最近、Google Labs、Google Health、Google PowerMeterのほか、2010年8月に買収した米Slideのほとんどのサービスを打ち切ると発表している。

今回打ち切りが発表されたのは以下の10サービスだ。

Aardvark

Aardvarkは、Googleが2010年2月に買収した同名企業のソーシャル検索サービス。コミュニティー内のユーザー同士が質問/回答する仕組みで、FacebookやMySpaceとも連係する。買収後、同社のチームはAardvarkの運営を続けながら、Google+の開発に関わってきた。同チームは今後も、Google+をはじめとするソーシャル製品の開発に従事する。

同サービスは、9月末に閉鎖する。ユーザーは手作業のコピーあるいはサポートへの依頼で、これまでに投稿したデータを回収できる。9月30日を過ぎると、すべてのデータは削除される。

Google Desktop

2004年に登場したGoogle Desktopは、ユーザーがPC内のファイルを検索するためのツールだ。メールや画像、Webページなどを、Web検索と同じように探せる。また、APIを提供しており、多数のサードパーティー製のデスクトップガジェットが公開されている。

Googleは、ユーザーのデータはローカルからクラウドへとシフトしており、また、多くのOSに検索とガジェット機能が統合されたことで、Google Desktopの役割は終わったとし、9月14日に同サービスを終了する。同日、関連API、サービス、プラグイン、ガジェットを含むGoogle Desktopのサポートを打ち切り、ダウンロードもできなくする。インストール済みの機能は、アップデートはないものの、引き続き利用できる。

Fast Flip

2009年9月にスタートした、オンラインメディアの記事を高速閲覧できるようにするサービス。New York Timesほか39メディアと提携し、広告収入で運営している。Googleは同サービスを数日中に終了し、ここで採用したアプローチは他のサービスに生かしていくという。

Google Maps API for Flash

Google MapsをFlashアプリに埋め込むためのActionScript API。このAPIは廃止するが、既存のGoogle Maps API Premier顧客による利用はサポートを継続し、今後はJavaScript Maps API v3に注力していく。

Google Pack

2005年スタートの、Google EarthやPicasaなどのソフトを無料で一括インストールできるサービス。6年前と異なり、現在はほとんどのアプリケーションやサービスがWeb化されており、ダウンロードして利用するアプリへの関心が薄れてきたため終了した。

Google Web Security

Googleは2007年に米Postiniを買収した際に獲得したセキュリティ製品をGoogle Web Securityとして企業向けに提供してきたが、多数のセキュリティ機能をGoogle製品に直接統合できたため、提供を終了する。既存顧客のサポートは継続する。

Image Labeler

2006年立ち上げの画像を使ったオンラインゲーム。表示される画像に2人1組で制限時間内に可能な限り多くのラベルを付け、他チームとスコアを競う。このゲームで付けられたラベルは、Googleの画像検索の精度向上に利用されてきた。9月16日に終了する。

Google Notebook

2006年にスタートしたオンラインメモサービス。Webページの画像やURLをまとめて保存し、共有できる。このサービスは数カ月のうちに終了になり、ユーザーのデータは同じアカウントで利用しているGoogle Docsに自動的にエクスポートされる。

Sidewiki

Webページについての評価やコメントを投稿・共有できるGoogleツールバーの機能。Webページにコメントするサービスやソーシャルな機能が多数登場してきたため、終了する。ユーザーはこれまで投稿してきたコンテンツをダウンロードできる。

Subscribed Links

Google Custom Search APIの機能で、特定のクエリに対して表示する特別な結果スニペットを作成するもの。9月15日の終了までは、開発者は既存データをダウンロードできる。

Google、終了予定サービスを発表 「Google Desktop」や「Web Security」も – ITmedia ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. yutakarlson より:

    Google、デスクトップやパックなど10の製品・サービスを整理・終了へ―【私の論票】Googleのような体系的廃棄は、すべての企業で必須だ!!

    ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

    こんにちは。Googleが、このたび、10製品・サービスを整理・終了します。この「体系的廃棄」は、どこの組織にでも必要です。民間企業なら、意図して、意識して、これを行わなければ、企業や、企業で働く人々そのものが、陳腐化して、いずれ市場から敗退せざるをえなくなります。現在の役所や、政治なども機能しないのは、この「体系的廃棄」が、システムとして組み込まれていないからです。これは、早急に組み込む必要があります。黙って、放置しておけば、いずれ、役所や国だって、完璧な機能不全にいたり、身動きがとれなくなります。そうして、もう、そうなりかけています。困ったものです。詳細は、是非私のブログをごらんになってください。