こまめにメモをして、一応内容も書いておきましょう

最近、新しいシステム手帳を買いました。

とても嬉しいので、よく開いてみています。

でも、予定なんて無いので、手帳は真っ白のまま。

それでも、何とか書くことを考えてメモしています。

ま〜、本末転倒なようなきもしますが、本人が満足しているので、よしとしましょう。

実際に手帳にメモして、役立っているかというと疑問です。

たとえば、何か購入が必要なものを手帳に書きます。

すると、手帳にメモ出来る事がとっても嬉しくて、しっかり記憶に残ります。

だから、手帳をみることなく、買い忘れがありません。

さて、そんな手帳ですが、昨日のことです。

寝ていて、ふと頭に浮かんだことがあります。

さっそく、枕元の蛍光灯をつけて、手帳にメモする事にしました。

いろいろとアイデアが浮かびましたが、さすがにそこまで書く必要なないだろう。

ってことで、そのキーワードだけをメモしました。

そして、朝起きてメモを見ました。

いったいなんだったんだろう。

メモをみても、一体何の事かわかりません。

それに、字が汚くてよめません。

キーワードの一つは、”か”か”ね”かわかりません。

そのため、キーワードは、”かこ”なのか”ねこ”なのか?

実はこのような事は、過去に何度かありました。

いつもキーワードだけ書くのですが、時間がたつと何の事か思い出せません。

いつも詳しく書けばいいのですが、手帳に書くのは嬉しいが、ダラダラ書くのはめんどくさい。

それに、そこまで書かなくても思い出すわ〜って事でキーワードしかかきません。

つまり、自分の記憶力を過信しているってことですね。

もうそろそろ、同じ失敗をして学習したので、今度からは内容も書いておこうと思います。

さ〜、忘れずに、その事を手帳にメモするか〜

でも、面倒くさいな〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク