私は違うね!子どもの好きな野菜「とうもろこし」「じゃがいも」

ある調査によると、子どもの野菜の好き嫌いに関するアンケートの結果、子どもの好きな野菜ランキングは、1位とうもろこし、2位じゃがいも、3位えだまめ だそうです。

そして、子どもが食べてくれない野菜ランキングは、1位なす、2位ピーマン、3位しいたけ だそうです。

私とは違うね!

私の好きな野菜は、スイカ、メロンにイチゴだけど・・・

えっ!木になるのが果物で、それ以外が野菜じゃないの?

私はそのように聞いて、スイカ、メロンにイチゴなどは、野菜にあたると説明されました。

ま〜、本当かどうかはしりませんが、ふつう、スイカ、メロンにイチゴは果物あつかいですよね〜

そして、この様なニュースのときに紹介されているのが、嫌いな野菜を子供に食べされる方法です。

それも、今回の調査にありました。

1位「味付けや調理方法を工夫」だそうです。

こんなのをみると、今の子供って甘やかされているな〜って思います。

もちろん、私も子供のころに苦手な野菜はありました。

たとえば、なんだったかな〜

今では、好き嫌いもなく、口に入るものは何でも好きなので思い出せません。

そういえば、オクラが苦手だったかな?

あの、ネバネバしたところ。

そして、うちの場合の苦手な野菜を食べさせる方法です。

父親の説教

これだったと思います。

「お父さんの子供のころは、食べるものがなくて・・・」

これが定番だったと思います。

それでも嫌いっていえば、ご飯を食べさせてくれなかったとおもいます。

さて、そんな苦手だったオクラも、たま〜に食べたくなる事があります。

だから、惣菜屋でパックに入ったのを買います。

そんなのが食べたくなるとは、私も年をとったものです。

この様な物のおいしさは、子供にはわからないでしょうね。

そういえば、私の場合、嫌いな食べ物がありました。

それは、自分で買う、高価な食べ物。

だからぜったい、そのようなものは買いません。

もちろん、他人が買ってくれて食べるの高級品は、大好きです。

子どもの好きな野菜「とうもろこし」「じゃがいも」

 カゴメ株式会社は、子どもの野菜の好き嫌いに関するアンケート調査を実施し、その結果を発表した。アンケートはインターネット調査で、全国の3歳から中学生の子どもを持つ女性800人を対象に実施。子どものサンプル構成は、「小学生未満」「小学校低学年」「小学校高学年」「中学生」の4区分で、それぞれ男女100人ずつとなっている。

 子どもの好きな野菜ランキングは、1位とうもろこし、2位じゃがいも、3位えだまめ、4位さつまいも、5位きゅうり、という結果になった。一方、子どもが食べてくれない野菜ランキングは、1位なす、2位ピーマン、3位しいたけ、4位水菜、5位オクラだった。

 また、母親が子どもに食べてもらいたいと思っている野菜ランキングは、1位ほうれんそう、2位トマト、3位ピーマン、4位しいたけ、5位にんじん、となっている。親が食べさせたい野菜トップ5と子どもが好きな野菜トップ5の両方にランクインしている野菜はなく、親と子どもで野菜に対する感覚がまったく異なるという結果になっている。

 子どもの好き嫌いを治すためにどんな方法を試しているか、という質問では、「味付けや調理方法を工夫」が66.7%でトップ。続いて「声かけ(体にいい、大きくなるなどと諭す)」(55.0%)、「食べたらほめる」(51.9%)、という結果になった。ちなみに、味付けや調理方法での工夫として実際に行なっているのは、「味付けを工夫する」(70.1%、「細かく刻む」(64.4%)、「子どもが好きな料理に混ぜる」(49.7%)などだった。

子どもの好きな野菜「とうもろこし」「じゃがいも」 – Ameba News [アメーバニュース].

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク