若い衆は何してんだ?大手警備会社、山口組系と契約…警察要請で解約

山口組系の滞在拠点を、大手警備会社が警備していたようです。

もちろん、山口系とは、ヤクザ屋さんの事です。

でも、兵庫県警の要請で、契約を解除したようです。

つまり、ポリが警備会社の、シノギの邪魔をしたようです。

なんか、嘘のような話に聞こえます。

私の中では、若い衆が、がっちりガードしているイメージがあるのですが、実際は警備会社ですか〜

現実は小説より奇なりっていいますが・・・

ま〜、私の場合、映画やテレビの見すぎでしょうかね〜

でも、なんで警備会社に警備を頼む必要があるのでしょうか。

考えられる事は、ヤクザ屋さんの事務所に、たくさんお金があるのでは?

つい、ルパン三世になって、事務所に突撃しようかとおもいましたが、私には次元がいません。

だから止めておきます。

そうじゃなければ、警備なんて頼まないでしょう。

私なんて、部屋にとられるものがないので、鍵を掛けずに出掛ける事がよくあります。

今の時代、ゴミを出すのにもお金がかかります。

わたしにとっては、必要なものでも、他の人にとったらゴミってのもあります。

電化製品なんて、このパソコンを含めて10年以上前にかったものばかりですからね〜

だから、私の部屋からだれも盗まないでしょう。

もちろん、警備いらず。

新しいものがほしいのですが、先立つものが・・・

「金?ナイナイ」

食べるものが無いときもあるぐらいですから。

で、ヤクザ屋さんに聞きたい。

いったい、どうやってお金をもうけているですか?

でも、それを聞いたら、海にプッカリ浮かぶとか。

それこそ映画やテレビの見すぎですかね〜

大手警備会社、山口組系と契約…警察要請で解約

 神戸市長田区の指定暴力団山口組系組長の滞在拠点に警備システムを提供した大手警備会社(本社・東京)が、兵庫県警からの要請を受けて契約を解除したことがわかった。

 契約先が暴力団との理由で、警備会社が契約解除に踏み切るのは珍しいという。

 捜査関係者によると、静岡県に本部を置く山口組2次団体が2008年11月に置いた滞在拠点で、翌12月から契約していた。

 全国警備業協会は08年5月、暴力団との契約拒否を条項に設けるよう加盟社に通知。同社も現在は契約書に盛り込んでいるが、契約時はなかったという。

大手警備会社、山口組系と契約…警察要請で解約 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク