XPでいいや!なんて思っていたけど、やっぱりWindows 7の方がいいかも?

新しいパソコンを買って、もう1ケ月以上たちました。

「う~ん、快適」

やっぱり、新しいパソコンはいいです。

ま~、新しくなくても、前のパソコンに比べれば、どんなパソコンでも快適でしょう。

なんせ、前のパソコンは、10年前に買ったものですから。

10年で、技術進歩すごいですし~

それに、OSの肥大化もすごいぞ~

前のパソコンは、ハードディスクが30ギガでした。

「30ギガ?いったい何につかうんだ~」

なんて、パソコンを買ったときは思っていたのですが、アップデイトするたびに、その貴重なハードディスクをOSが占領するようになってきました。

まるで、OSのためのハードディスクのようでした。

そのOSですが、XPでした。

XPの次のOSは、Windows7ですか?

お~そういえば、なんかあったような・・・

世間的には、いなかった子とされているOSがあったな~

さて、新しいパソコンを買う時に悩みました。

なぜなら、来年にも次のOSが出るからです。

でも、先ほども書きましたが、前のパソコンは10年前に購入。

普段の作業にも支障をきたします。

そこで、仕方なく新しいパソコンを買いました。

そして、そのパソコンに入っているOSがWindows7でした。

使ってみた感想ですが・・・

「以外にいいかも?」

使う前までは、XP命でした。

Windows7は、XPよりもプログラム的に大きいです。

別に、XPでも十分な機能を持っています。

これといった不満もありません。

それなのに、訳の分からない機能を追加して、ハードディスクを占領するWindows7なんていらね~なんて考えていました。

掲示板などで、Windows7を使っている人の感想を見ました。

すると、「7をつかったら、XPにもどれない」なんて書き込みを見ました。

「けっ、なにいってんだ~」

なんて思っていたのですが、今ならわかるような気がします。

とはいえ、戻れないほどの違いはありませんが、微妙な違いはあります。

その違いは、かゆいところに手が届く程度です。

まず、その一つが、タスクバーの順序が入れ替えられる。

タスクバーとは、画面の下に表示されているバーです。

タスクバーには、現在開いているウインドウの一覧が表示されています。

別のウインドウに切り替えるときに、タスクバーの別のウインドウのをクリックすれば、別のウインドウが前面に現れます。

この順序が入れ替えられる。

なんか便利~

これに慣れたいま、なぜ今まで入れ替えられなかったのかが不思議なくらいです。

私はたくさんのウインドウを開きます。

そして、ウインドウを切り替えて作業します。

しかし、同じ頻度でウインドウを見るわけではありません。

そこで、あまり使わないウインドウは左に移動させます。

だから、よく使う順に、右から並びます。

ま~、別にこの機能が無くても、あまり使わない順にウインドウを開けば、左から右へよく使う順にならびますが・・・

次に、フォルダーにファイルを移動する時です。

もし、移動先に同じファイル名があったとします。

すると、同じファイル名があると警告が出ます。

今までは警告がでた場合、移動をやめるか、ファイル名を変えて移動していました。

しかし、windows7は、ファイル名がダブった時にリネームしてくれる機能があります。

今のところ、これくらいです。

この程度で快適に動いているXPを、windows7に変えることを薦めるかというと微妙ですけどね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク