意味あるの?機内アナウンスを関西弁で?! ピーチCEOが講演で明かす

格安航空会社「ピーチ・アビエーション」の井上慎一(CEO)は、定例会で講演し、機内の日本語放送を関西弁で行う構想を明らかにしたそうです。

いったい、関西弁にすることに、どんな意味があるのでしょうか?

テレビのアニメやドラマなどで、関西弁を聞く機会があります。

「むっちゃ、むかつく」

これが私の感想です。

関西以外の人には、その違いはわからないかもしれません。

しかし、中には明らかに

「その関西弁へん」

ってのがあります。

「そんなん聞いてると、バカにしてるみたいでむかつくわ~」

せっかく内容が面白くても、一気に台無しになります。

で、今回の機内アナウンスを関西弁にする件やけど・・・

「わしら、関西人をなめとんか~」

って言いたいです。

関西弁やったら、おもろいとでもおもてんのか~

そんな下らんサービスするんやったら、1円でも安くせ~

でも、安全だけはケチるなや~

ま~、我慢して、関西弁を聞いたるけど

「もう、あかん(もう、だめや)」

飛行機が落ちるときに、これだけは聞きとうないで~

それだけは、かんべんな~

機内アナウンスを関西弁で?! ピーチCEOが講演で明かす

 関西国際空港を拠点とする国内初の格安航空会社(LCC)「ピーチ・アビエーション」の井上慎一・最高経営責任者(CEO)=写真=は24日、大阪市内で開かれた関西空港調査会の定例会で講演し、機内の日本語放送を関西弁で行う構想を明らかにした。地域色を前面に出し、アジア勢との競争に挑む。

 井上CEOは、価格競争だけのLCCではなく、「日本の強みをサービスに生かす」と宣言。関西弁の機内アナウンスについては「本気で実現しようと考えている」と強調した。

 ピーチは来年3月に福岡便と新千歳便、5月には韓国・仁川便を開通するほか、来年夏ダイヤに国内、国際線で路線拡充する計画。今月末から来月初旬にも運賃計画を発表する。

機内アナウンスを関西弁で?! ピーチCEOが講演で明かす – MSN産経ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク