あっぱれ?大王製紙前会長、マカオのカジノに90億円

大王製紙前会長の井川意高(もとたか)容疑者(47)が、連結子会社やファミリー企業からの借入金のうち、約90億円をマカオのカジノで使ったみたいです。

すごいですね~

私のお金ではないので、逆にあっぱれと褒めてあげたいぐらいです。

でも、使ったのが、マカオではなく日本ならよかったのに~って思います。

そしたら、少しは日本の役にたったかも?

こんな人がいるから、日本にもカジノ構想が持ち上がるのでしょうか?

なんか、最近のニュースといえば不景気なことばかりです。

そんな中で、企業のボンボンが大金を使ってギャンブル。

いまどき、テレビドラマにも出てきそうにない話です。

そんな話が出てきたら、逆に嘘っぽくてしらけてしまいそうですが。

そして、その使った金額が半端ではありません。

「日本にも、まだまだ夢のような世界があるんだ~」

と、ちょっと勇気づけられました。

ま~、使われたお金が、まったく私と関係ないからいえることであって、

この会社の社員にとったら、複雑でしょうね~

考えようによったら、その会社で頑張れば、そんな馬鹿なことができるかも?

でも、ニュースによると、創業家のボンボンだからできたみたいですね~

私も、今度生まれてくるときは、金持ちのうちに生まれたいですね~

大王製紙前会長、マカオのカジノに90億円

大王製紙前会長の特別背任事件で、前会長・井川意高(もとたか)容疑者(47)が連結子会社やファミリー企業からの借入金のうち、約90億円を中国・マカオのカジノでのギャンブルに投じていたことが26日わかった。

シンガポールのカジノにも数十億円を投じていたことも判明し、借入総額は百数十億円に上っていた。東京地検特捜部は、ほぼ全額がカジノに使われたとみて、裏付けを進めている。

特捜部の調べなどによると、井川容疑者は2009年頃から非連結のファミリー企業などから数十億円を借り入れ、昨年5月12日~今年9月6日には連結子会社7社に指示して106億8000万円を個人口座などに振り込ませていた。

関係者によると、この計百数十億円に上る借り入れのうち約90億円が、井川容疑者の口座を経由して、マカオでカジノを運営する会社が、日本に開設した口座に振り込まれていた。口座はカジノ専用の取引口座で、残高はほとんどなく、ほぼ全額がギャンブルに使われたという。

大王製紙前会長、マカオのカジノに90億円 (読売新聞) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク