パソコンで絵をかく練習をしていますが、ペンタブレットがうまく使いこなせないよ

只今、修行中。

パソコンで絵を描く練習をしています。

思ったように絵が描けません。

いったい、いつになったら納得いく絵が描けるのだろうか・・・

私はタブレットを持っています。

タブレットと聞いて、私のイメージするタブレットと違うものを想像した人もいるかもしれません。

そこで、タブレットの説明。

タブレットとは、マウスの代わりにペンを使います。

このペンが、マウスの代わりをします。

機能的には、マウスと同じです。

では、なぜタブレットを使うか?

作業によったら、マウスよりやりやすいからです。

たとえば、絵を描くときとか。

それ以外だと、画像の修正をするときとか。

想像してください。

一本の線を引く場合、マウスで描くのと、鉛筆で描くのではどちらが書きやすいか。

もちろん、鉛筆で描く方ですね。

ま~、世の中には色々な人がいます。

達人ってやつですね。

だから、中にはマウスって人もいると思いますが、私は達人ではありません。

そのため、この場合の正解は鉛筆です。

それでも異論がある人は、このブログの下にコメントが書けます。

そこに熱い思いをぶつけてください。

さて、そのタブレットですが、マウスより優れているか?

[ad]

といえば、やはりマウスの方が操作しやすい場合もあります。

だから、タブレットを使う場合も、マウスも使います。

適材適所です。

ちなみに、タブレットの値段ですが、安ければ3000円ちょっとであるようです。

今、値段を調べて分かったのですが、私の言っているタブレットとは、ペンタブレットと言うようです。

タブレットで検索すると、タブレットPCがでてきます。

どちらかといえば、タブレットPCの方が、今は普通かもしれませんね~

私のタブレットは、買った当時は3万ぐらいしたと思います。

その高価なタブレットですが、長い間放置していました。

このまま放置するのはもったいないってことで、パソコンで絵を描く練習をすることにしました。

ポイントは、絵を描くことではなく、練習ってことです。

もちろん、絵を描くことはできますが、私の今の実力では理想とする絵とは、あまりにもかけ離れている。

やる以上は、

「おっ!すごいじゃん」

って言われたい。

そこで、いろいろ調べました。

たとえば、使うソフトとか。

まず、何のソフトを使うか?

世の中には色々なソフトがあります。

そこで、まずどんな絵を描きたいか?を考えました。

すると、私の理想とするような絵の場合、saiってソフトを使っている人が多かったです。

そこで、ソフトはsaiに決定。

このソフトは、ただではありません。

でも、1か月お試し期間があります。

まさに、今、お試し期間で練習しています。

私は飽きっぽい。

1か月後も、根気よく続けている保証はありません。

そんな私に、猶予期間を与えてくれるsaiっていいソフトだ~

使用するソフトは決まったが使い方がわからない。

ネットでも、いろいろ解説しているページはあるのだがわからない。

そこで本屋へ。

すると、saiの使い方を解説している本がありました。

その中で一番簡単な本を見ました。

最初の方だけ。

やはり、ソフトは使いながら覚えるものです。

読んだだけではわかりません。

なら、その本を買って家で練習って思ったのですが・・・

この手の本は高い。

だから、とりあえず最低限の線を引く方法だけ、その場でなんとなく覚えました。

これで本代の節約。

かと思ったのですが、家に帰ったら忘れていました。

やはり、お金を出して本を買うべきか?

悩みました。

やはり、お金が惜しい。

そこで、ネットで調べて根気よく説明を読むことにしました。

その結果、線を描くことだけはできるようになりました。

「これで絵が描ける」

と思ったのですが、何を描いたらいいのか・・・

「好きなアニメ?思い浮かばないな~」

そこで、あらためてソフトの使い方を説明しているサイトを見ました。

すると、好きな絵をなぞる説明がありました。

その例として、ピカチュウが例で上がっていました。

「ピカチュウか、簡単♪」

と思ったのですが、いざやってみると、線がガクガクして、いびつなピカチュウの出来上がり。

私の頭の中の仕上がりと、あまりにも違います。

「これは、私が悪いのではなく、ソフトが悪いのだ~」

ってことで、又いろいろ調べてみました。

そこでふと思ったことがありました。

絵のうまい人って、どうやって描いているんだ?

私の周りに、絵のうまい人なんていません。

どちらかといえば、いびつなピカチュウの描ける私が一番うまいかも。

さらに考えました。

もしかしたら、YouTubeにあるかも。

そこで、動画を探しました。

すると、絵の描き方を解説している動画がありました。

「いや~、参考になるな~」

と言いたいところですが、うまい人のを見ても全く参考になりません。

なぜなら、どんなに頑張っても、今の時点では真似をすることができないからです。

それでも、感心しながら動画を見ていました。

すると、気になる解説がありました。

「線を描く時は、魅力的な線が引けるまで何度もやり直します」

魅力的?

改めて動画の絵の線を見ました。

そういわれれば、一本の細い線が途切れることなく、形作っています。

「お~、これが魅力あるせんか~」

なんか私の中でひらめきました。

とりあえず、私も魅力ある線を描けるようになろう。

その練習として、パソコンの壁紙のサイトからアニメの画像を落とし、それをなぞって魅力ある線が引けるよう練習しています。

只今、その数は50を超えたところです。

最初に比べて、少しはましになりました。

しかし、私が求める魅力ある線には、ほど遠いです。

とりあえず、これを1000ぐらいまでは続けようと思っています。

今回、なぞる素材として、アニメのキャラクターを選んでいます。

初めは楽しかったのですが、だんだん嫌になってきました。

何がって?

「もっと、個性的な絵はないんか?」

今のアニメは、キャラクターが、どれも同じように見えます。

目が極端に大きくて、女性は極端に露出が多くて・・・

もろ、あるターゲットを狙っているようで不快になります。

今のアニメは、昔と違い、収入としてDVDの売り上げが期待されているようです。

そのため、作られるアニメも、DVDを買う人が喜びそうな作りになっています。

正直なところ見ていて、気持ち悪いな~ってのもあります。

散々ケチをつけていますが、その絵を描けるかというと、私の今の力では描けません。

だから、文句を言いつつも、その絵をなぞる練習をしています。

それでもやはり嫌になってきます。

そこで、図書館に行きました。

たまには、名画ってのも見たくなります。

絵画の本があるコーナーに行き、適当に本を取りました。

それを開いてみると、汚いじじいの絵がありました。

でも、技術はすごいです。

描いている線がうまいので、ハゲ頭の残念さが、うまく表現されています。

もし、私がこの絵をなぞると、天パのかかった、まだまだ毛根が頑張っているハゲ頭になるでしょう。

私も、もっと練習して、哀愁ただようハゲ頭が描けるようになりたいです。

ちなみに、私の見たハゲ頭の絵はこれです。

この人はレオナルドダビンチ。

モナリザを描いた人ですね~

たぶん。

私も、もっと練習して、これくらいの絵が描けるようになりたいです。

でもどれくらい練習すればいいのでしょう。

この絵は、ダビンチの自画像です。

ということは、こんなハゲ頭になるまで練習しなければいけないのでしょうか?

じゃあ、育毛なんてしてはいけませんね。

一日も、はげるようがんばるぞ~

ハゲは一日にしてならず。

今日の教訓です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク