当たり前の事だろ?ウィニー開発者の無罪確定へ=ほう助罪の成立認めず―検察側の上告棄却・最高裁

winnyの開発者の無罪が確定したようです。

当たり前だろ~

もし、これが罪になるなら・・・

包丁をつくって、それが犯罪に使われたら、包丁を作った人が逮捕されるのか?って聞きたい。

ま~、そんな多くの意見を反映してかどうか知りませんが、この件は無罪になるようです。

でも、こんなことで逮捕された、ウィニーの開発者はたまったもんじゃないでしょうね~

ちゃんと保障はされるのでしょうか?

気になるところです。

さて、ウィニーですが、私も使ったことがあります。

そのウィニーで、初めてパソコンがウイルスに感染しました。

それ以来、ウィニーはやっていないな~

こんなことを書くと、ウィニーがとても危ないもののように思うかもしれません。

しかし、ウィニーの技術じたい今では普通です。

そのため、いろいろな所で使われているようです。

ウィニーは、危ないものではありません。

問題は、ウィニーの使われかたです。

ところで、なぜ私はウイルスに感染したか?

けっして、ウィニーが原因ではありません。

あるとき、ウィニーで適当にファイルを選んで落としていました。

すると、明らかにウイルスと思われるファイルがありました。

それをクリックしてしまいました。

もしかして、私ってばか?

実は、それまでにも同じような事は何度かありました。

そのたびに、そのファイルをクリックすると、セキュリティーソフトが働いて問題ありませんでした。

今回も、ウイルスと思ったのですが、

「どうせ、ノートン先生が何とかしてくれるだろ~」

ってことで、クリックしちゃいました。

ちなみに、ノートン先生とは、ノートンのセキュリティソフトの事です。

ところが、その時クリックしたウイルスは新種だったようです。

そのため、セキュリティソフトが働くことなく、ウイルスに感染してしまいました。

あちゃーーーー

セキュリティーソフトは、新種が見つかってから、それに対する対応がされます。

だから私のように新種の場合、セキュリティーソフトは何の役にも立ちません。

ウイルスに感染したのは、それが初めてだったので不安になり、パソコンを初期化しました。

とてもいい経験をしました。

さて、ウィニーですが、ファイルを選んで落ちるまで時間がかかります。

場合によったら、希望のファイルが手に入らないこともあります。

気の短い私には向いていません。

そのままパソコンを放置すればいいのですが、貧乏な私は電気代が気になり放置できませんでした。

だって、ノートパソコンのファンが唸りをあげていたも~ん。

そういえば、ウィニーといえば、一時期ニュースで騒がれました。

どんなニュースかというと、重要ファイルの流出です。

原因の一つに、ウィニーのソフトが古かったことがあります。

なぜ、古かったか?

それは、今回の裁判にあります。

逮捕されて、ウィニーの更新ができませんでした。

もし、あの時にウィニーの更新をしていたら、のちの流出は防げたかもしれません。

今も、ウィニーを利用している人はいるようです。

今回無罪になったようですが、この開発者はどうするのでしょうかね~

またウィニーの開発を再開するのでしょうか?

きになるところです。

ウィニー開発者の無罪確定へ=ほう助罪の成立認めず―検察側の上告棄却・最高裁

 ファイル交換ソフト「ウィニー」を開発、公開し、違法コピーを容易にしたとして、著作権法違反ほう助罪に問われた元東大助手金子勇被告(41)の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は19日付で、「多数の者が著作権侵害に利用する可能性が高いと認識していたとはいえない」として、検察側上告を棄却する決定をした。一審の有罪判決を破棄し、ほう助罪成立を認めず逆転無罪とした二審判決が確定する。
 一審京都地裁は、「著作権侵害をしても安全なソフトとして広く利用されていることを知りながら、不特定多数に入手可能にした」として、罰金刑を言い渡した。一方、二審大阪高裁は、「悪用される可能性を認識していたが、侵害のために使うよう勧めて提供はしていない」と無罪を言い渡していた。 

ウィニー開発者の無罪確定へ=ほう助罪の成立認めず―検察側の上告棄却・最高裁 (時事通信) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク