栄枯盛衰は世の習いだろ?ブラジル、英国抜き世界6位の経済大国へ

ブラジルがイギリスを抜くようです。

何で?

2011年の国内総生産でイギリスを抜くようです。

ま~、ツウっぽく言うと、ジーディーピー(GDP)ってやつですね~

アルファベットで言うのが、通かどうかはわかりませんが、これでブラジルは世界ランキング6位のようです。

正直なところ、なんか信じられません。

もちろん、BRICs(ブリックス)なんて言葉をニュースで聞いていたので、調子にのってブイブイ言わしているのは知っていましたが・・・

それでも信じられません。

ちなみに、BRICs(ブリックス)とは、

BRICs(ブリックス)とは、経済発展が著しい ブラジル (Brazil)、ロシア (Russia)、インド (India)、中国 (China) の頭文字を合わせた四カ国の総称。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/BRICs

何で私が、ブラジルのブイブイを信じられないかというと・・・

昔、ブラジル人の友達がいました。

その友達とは、仕事で知り合いました。

その友達は、ブラジルから日本に出稼ぎに来ていました。

何でそんなに遠くから来るの?

もちろん、お金になるからです。

日本で稼いで、ブラジルに帰ると何倍もの価値があったそうです。

どれくらいの価値かというと。

「日本で働いて、ブラジルで家買っちゃった」

と言えるぐらいです。

でも、私と知り合ったころは、日本の力も弱くなっていたので、そのうま味もほとんど無いと言っていました。

しかし、今と比べると・・・

ま~、日本も、へたれになったものです。

これがどれくらい昔の話かというと・・・

windowsは95でした。

ネットは電話回線を使っていたと思います。

ガラケーが、子供の成長ぐらいすさまじい頃です。

「いったい、どこまで成長するねん」

もちろん、ガラケーなんて言葉は存在しませんでした。

友達は、ブラウザのソフトを買って、嬉しそうに自慢していました。

たしか、ネットスケープナビゲーターだったと思います。

あのころ、私は、ネットが夢のようなものに見えました。

月日が流れるのは早いものです。

あの友達は、今どうしているでしょうかね~

もちろん、今はブラジルにいるでしょうね~

もし、もっとネットの発達が早ければ・・・

あのころは、電話料金も高かったです。

メールなんて・・・

あったのかな?

あのころは、まったくネットの知識がなかったので、メールまで思いつかなかったな~

メールがあったら、今頃、メールでやり取りしているのですが・・・

最近も、アメリカ人の友達にメールしました。

いま、どこにいるのかわかりませんが、メールは相手に届きました。

さらに無料で。

ブラジル人の友達と出会ったころ、まさかこんな時代になるとは思いませんでした。

原発が爆発するんですよ~

だれが予想しました?

いや~、ほんと、未来ってわかりませんね~

気が付けば、ブラジルに日本が抜かれる日が来るかも?

ま~、今の日本なら、そんな日が来ても不思議ではありませんね~

2011年の国内総生産(GDP)で、新興国ブラジルが英国を抜き、世界6位の経済大国になる見通しとなった。

ブラジル、英国抜き世界6位の経済大国へ

 2011年の国内総生産(GDP)で、新興国ブラジルが英国を抜き、世界6位の経済大国になる見通しとなった。

 英BBC放送などが26日、英民間調査機関CEBRの分析として報じた。ブラジルは20年までに、GDPで独仏も追い越す見通しだという。

 ブラジルのマンテガ財務相は26日、「ブラジルの成長ペースが他の経済大国を上回る傾向は当分続く」とする談話を発表し、さらなる経済発展に自信を見せた。

ブラジル、英国抜き世界6位の経済大国へ (読売新聞) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク