ラッコに負けた!ラッコも豪華に“おせち料理” 須磨海浜水族園

神戸市立須磨海浜水族園で、飼育されているラッコの正月の食べ物は、伊勢エビやズワイガニだったようです。

なんで?

正月だから豪華な“おせち料理”って事みたいです。

良いもの食べてるな~

私はラッコに負けたよ。

私の食生活に、伊勢エビやズワイガニなどの言葉は存在しません。

それは未知なる食べ物です。

ちなみに豪華おせち料理ですが、一人当たり7500円だそうです。

おっと!一人ではなく、一匹ですね。

ラッコに食生活で負けたので、卑屈になってしまいました。

正直なところ、ラッコごときに贅沢な~っていいたい。

これが、その贅沢者のラッコです。

「う~ん、かわいい~」

って言いたいですが、この画像のラッコってあまりかわいくないですね~

カメラマンの腕が悪いのでしょうか?

それとも、ラッコってこんなものなのでしょうか。

私のイメージするラッコってもっとかわいかったよな・・・

ま~、そのイメージのために、人を集めるのでしょうけどね。

つまり、水族館に貢献している。

人間も、いっぱい稼ぐ人は収入も多いはず。

だから、こんな豪華な料理が食べられるのでしょう。

私も、せめてラッコのように稼ぐ人間になりたい。

新年早々、私は固く決意しました。

ライバルはラッコ。

つまり、私は動物以下ってことですね~

早く人間になりたい。

そんな気持ちが、心の奥底から湧き上ってきました。

最後に、私がイメージするかわいいラッコ

って思ったのですが・・・

アップで見ると、ラッコって怖いかも。

もしかして、案外ラッコってしたたかかも。

そんなラッコの内面も見習おうとおもいます。

ラッコも豪華に“おせち料理” 須磨海浜水族園 

正月に合わせ、神戸市立須磨海浜水族園(神戸市須磨区若宮町1)で飼育されているラッコ2匹に1、2の両日、伊勢エビやズワイガニなど豪華な“おせち料理”が振る舞われた。

体長約1・2メートルのラッコは、見掛け以上の大食漢。冷たい海中で体温を保つため、1日に5~10キロも餌を食べるという。

雌の「明日花」と雄の「クータン」に、おせちとして好物のウニやアワビなど1匹当たり7500円相当の餌を用意した。2匹とも食いついたのはズワイガニ。大事そうにおなかに抱えて泳ぎながら、脚を1本ずつちぎり身をほお張った。

千葉県から、家族で尼崎市に帰省中の女児の姉妹は「おいしそうに食べてて、かわいかった」と話した。

神戸新聞|神戸|ラッコも豪華に“おせち料理” 須磨海浜水族園.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク