あれ!もっと安かったような?松屋が牛めしの定価を値下げ 「並」280円で「すき家」と同額に

松屋が、牛めしの定価を値下げ 「並」280円にするようです。

この280円は、「すき家」と同じ値段だそうです。

「あれ?牛丼って250円だと思ったのですが・・・」

私は貧乏なので、肉を口にできません。

それでも、たまに肉が食べたくなることがあります。

すると、牛丼屋に行きます。

私の家の近くに、牛丼屋が2軒あります。

どちらも、牛丼並みは250円だと思ったのですが違ったかな?

この値段ですが、地域によって違うようです。

というのは、もうちょっと離れたところに、松屋が出来ました。

「こんなところにも出来たんだ~」

って思って入ろうとしたら、いつも食べているものと同じ牛丼の値段が280円になっていたと思います。

250円の方は、近くにライバル店があるので、特別価格にしているのかもしれませんね。

そんなこともあり、今回の値下げのニュースはうれしくありません。

さて、私が初めて牛丼を食べたのが、吉野家でした。

当時の牛丼の並みの値段は、400円でした。

「400円で、こんなおいしいものが食べられるなんて~」

と、とても幸せを感じました。

しかし、最近の牛丼を食べると

「牛丼って犬の餌だな」

って思います。

果たして、私の口が贅沢になったのでしょうか?

いや、安くなっている分、材料も悪くなっているのでしょう。

だって、松屋の牛丼を食べると、体調の悪い時は胸やけを起こします。

昔はこんなことはありませんでした。

もちろん、私が年を取ったってのもあります。

しかし、牛丼の肉が油でテカっていることはなかったと思います。

さて、牛丼の事を書いていると牛丼が食べたくなってきました。

今日は、体の調子も悪くないので、久しぶりに牛丼を食べかな?

もし、もっと牛丼が安くなると・・・

私は命がけで牛丼を食べなければいけない日が来るかも。

もうそろそろ、値段より味で競ってほしいと思うこともありますが・・・

貧乏なので、安くておいしい牛丼を切に願います。

松屋が牛めしの定価を値下げ 「並」280円で「すき家」と同額に

 松屋フーズは5日、展開する牛丼チェーン「松屋」で販売している「牛めし」の定価を値下げする、と発表した。16日午後3時からの実施で、320円の「並」は40円値下げして280円に値下げする。

 このところ、牛丼各社は期間限定の値引き競争をしているが、今回は定価ベースでの値下げで、2009年12月に390円から320円にした以来となる。

 下げ幅はメニューによってまちまち。並280円は「すき家」の牛丼並盛り280円と同額とした。大盛りは40円引きの380円とする。

 松屋では今月9日午前10時から16日午後3時まで牛丼を240円へと期間限定値引きを実施するが、新料金はその終了直後から適用する。

松屋が牛めしの定価を値下げ 「並」280円で「すき家」と同額に – SankeiBiz(サンケイビズ).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク