短気は損気?30年も40年も待てない 誰も気がつかず 国立美術館に無名若手の作品

ポーランドの国立美術館で、若手芸術家の絵画が展示されたそうです。

ま~、実力の世界なので、別に若手の作品が展示されても不思議ではありません。

しかし・・・

この作品、芸術を学んでいる学生が、こっそり自分の作品を展示したようです。

美術館と言えば、盗難にも注意していると思います。

いつ、ルパン三世ような泥棒が来るかもしれません。

そうなると、勝手に展示したものなんてすぐにわかりそうですが・・・

3日も気づかれなかったようです。

では、この学生は、ナゼこのような行動に出たのでしょうか?

「自分の作品が並べられるのを30年も40年も待てないよ」

ってのが今回の理由のようです。

「うん、うん、わかるよ」

同じ芸術家として、その気持ちはわかります。

やはり、自分が生み出した作品は他人に見てもらいたいものです。

無から有を生み出すのは、人間だけに許された行為だと思います。

「えっ!動物でも道具を作るものもいるけど」

ま~、確かに、そのようなものもいるかもしれません。

しかし、次元が違います。

と言いたいところですが・・・

現代美術って、頭をかしげたくなるものもあるのは事実です。

それでも、本当にいいものは、いずれ評価されます。

今回の学生も、それが待てなかったようです。

そしてにしても、大変な自信家ですね~

作品を生み出す人は、それが素晴らしと思っています。

生み出すために、いろんな苦悩や葛藤もあるでしょう。

そうやって生まれたものは、他人から大絶賛・・・

と言いたいところですが、ほとんどは努力が報われることなく、歴史の闇に消えるのがほとんどでしょう。

それなのに、30~40年後には、美術館などに飾ってもらえると思っての行動ですから、自信家と言えるのではないでしょうか?

そういえば、先ほど私も同じ芸術家って書きました。

私の場合は・・・

場合は・・・

いま、イチゴ大福をほおばりながら考えているのですが・・・

これと言った特技もないしね~

とりあえず勢いで書きましたが・・・

嘘です。

この年になると、努力ではどうすることもできない壁ってのを感じます。

まさに、才能ってやつです。

何で神様は、私に何かの才能をくれなかったのでしょうかね~

天は2物を与えずって言葉があったと思います。

私の場合、2物どころか、1物も無いよ。

たぶん、私より優秀な妹の方に間違って与えてしまったのでしょう。

さて、今回の無断で展示された作品ですが、美術館の責任者は好意的に受け取り、館内の喫茶店に飾ったようです。

たぶん、それほど素晴らしい作品だったのでしょう。

どんなのか、きになるところです。

そこで探してみました。

もしかして間違っているかもしれませんが、これだと思います。

「うん?よくわからんぞ!」

最初にこの画像を見たとき、これがその作品が写っている画像だとわかりませんでした。

そして、他の画像です。

正面から撮ったようです。

これです。

「ま~、なんと言ったらいいのでしょうか?」

本当に芸術とは理解しがたいものです。

これが今回勝手に展示された作品かと疑いたくなりますが・・・

探したら、これらの画像が、その作品だと紹介されていました。

もし間違っていたらごめんなさい。

30年も40年も待てない 誰も気がつかず 国立美術館に無名若手の作品

ポーランドの国立美術館で、本来なら陳列されることのない若手芸術家の絵画が展示された。

芸術を学んでいる学生が、警備員の隙をついてこっそり自分の作品を展示、美術館は3日間、この新たな作品に気付かなかった。

学生は「自分の作品が並べられるのを30年も40年も待てないよ」と動機を説明。美術館の責任者は「ウイットに富んだ芸術的なハプニング」と好意的で、作品は館内の喫茶店に飾られた。

30年も40年も待てない 誰も気がつかず 国立美術館に無名若手の作品 ― スポニチ Sponichi Annex 社会.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク