由布院の宣伝記事?もう一度行きたい温泉…1位は箱根、2位由布院

リクルートは、全国331の温泉地の「人気ランキング2012」を発表したようです。

結果は・・・

1位は箱根温泉(神奈川県)

2位は由布院温泉(大分県)

3位は草津温泉(群馬県)

のようです。

でも、なんかあやしいな~

このブログは、ニュースの感想を書いています。

そして、今回の元記事はこの下にコピペしています。

それを読んでみて、ふと思ったことがあります。

「この記事って、由布院の宣伝記事?」

です。

なぜなら、「由布院温泉を選んだ理由は・・・」となっているからです。

普通の記事だと、一位を選んだ人の感想が例として挙げられます。

しかし、この元記事は、不自然に由布院温泉を持ち上げています。

さて、今回のアンケートですが、リクルートの情報誌「じゃらん」の企画でしょうか?

今は出版不況なんていわれています。

つまり本が売れない。

新聞などは広告が重要な収入になっています。

このような本も同じではないでしょうか?

ということは、今回の由布院温泉のプッシュも何かあるのでは?と勘ぐってしまいます。

由布院関係者が、カモにされていなければいいのですがね~

さて、「じゃらん」をしらべていて

「じゃらん“傲慢商法”に非難の嵐!無断でフェイスブック作成」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110730/dms1107301428006-n1.htm

なるタイトルの記事を見つけました。

内容は、旅行予約サイト「じゃらんnet」を運営するリクルートが、加盟する旅館やホテルのフェイスブックを一方的に開設し、苦情が相次いでいるだとか。

これをみるかぎりでも、あまり行儀のいい会社に思えません。

つまり、倫理に欠けている。

こんな会社なら、もうけのためのねつ造など平気でしそうな気がします。

1位にしなかったのは、電子顕微鏡を使っても見ることのできない良心がそうさせたのでしょうか?

どこまでも疑ってしまいます。

もう一度行きたい温泉…1位は箱根、2位由布院

旅行情報誌「じゃらん」を発行するリクルート(東京)は、全国331の温泉地の「人気ランキング2012」を発表した。

 「もう一度行ってみたい温泉地」のランキングでは、大分県の由布院温泉が6年連続で2位に選ばれた。別府温泉郷は昨年から順位を一つ上げて5位だった。

 ランキングは6年前から行っている。今回は昨年9月1~7日、インターネット上でアンケートを行い、1万1031人から回答を得た。1位は箱根温泉(神奈川県)、3位は草津温泉(群馬県)で、前年から順位に変動はなかった。

 由布院温泉を選んだ理由は、「街の雰囲気が好き」が最多の78・7パーセント、「自然に囲まれている」が54・5パーセントと続いた。

 由布院温泉はほかにも「1度は行ってみたい温泉地」のランキングで6年連続で1位、別府温泉郷は同ランキングで昨年と変わらず5位だった。

もう一度行きたい温泉…1位は箱根、2位由布院 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク