所詮、裏は裏だな!餃子の上手に焼く焼き方を試してみました

結果報告です。

何の結果?

餃子をうまく焼く裏技です。

何のこと?

年末の事だったかな?

動画で餃子をうまく焼く方法の動画を見ました。

裏技を試すために、さっそくスーパーへ餃子を買いに行きました。

しかし、餃子は売り切れて試すことができませんでした。

それを今回試した結果です。

で、結果は・・・・・

失敗しました。

動画のように上手に餃子は焼けませんでした。

「そんなの、たまたまでは?」

と、一度の失敗で判断をするのはどうかと思います。

しかし、少しずつ方法を変えて3回試しました。

その3回ともうまく焼けませんでした。

では、ここで、その裏技のやり方です。

失敗する裏技を紹介してもなんですが・・・・

まずフライパンに餃子を入れます。

次に、餃子がつかるぐらい水を入れます。

私は、餃子が半分ぐらいつかるぐらい水を入れました。

今回の裏技は、ここがポイントでした。

一般的な餃子の焼き方としては、水は後に入れます。

しかし、この裏ワザは先に入れます。

そして、フライパンにふたをして沸騰するまで待ちます。

沸騰したら、お湯を捨てます。

次に、大さじいっぱいの油を入れます。

それから、2分間焼きます。

この方法だと、普通に餃子を焼くより時間の短縮になるそうです。

さ~2分経ちました。

ふたを開けると、餃子はフライパンにひっつく事もなく、また、餃子それぞれも離れています。

そのうえ、きれいに焼けているとのことでした。

「もしかして、この裏ワザってねつ造か?」

実際に試して思いました。

餃子がフライパンにべったり引っ付いていました。

フライパンから離そうと、箸で餃子を持ち上げると皮がやぶれ、とても残念に結果になりました。

「所詮、裏技は裏技だな」

そんな風に思いました。

もし、この技が本当なら、誰が今のようなやり方をするでしょう?

餃子って、最近できた食べ物ではありません。

調べてみると、紀元前6世紀に食べられていたようです。

もちろん、いろいろな食べ方があります。

焼き餃子の歴史が浅いとしても、かなり昔からあります。

そうなると、いろいろな焼き方を試した人がいるでしょう。

それなのに、今回の裏技が裏技と紹介されたのには理由があると思います。

もし、本当に使える焼き方なら、こちらが本筋の焼き方になっていると思います。

さて、なぜ私は失敗したのでしょう?

実は、動画を見たときに、嫌な予感がしました。

それはフライパンです。

私のフライパンは鉄製です。

ちなみに東急ハンズで買いました。

鉄製なので、手入れが悪いとすぐに錆びます。

なぜ、そんなフライパンを買ったか?

これも、ある情報をもとに選びました。

ためしてガッテンというテレビ番組をみて、このフライパンを買いました。

その時に扱っていたテーマが、おいしい野菜炒めの作り方を紹介していました。

おいしい野菜炒めを作るためには、まずフライパンを高温にしなければいけません。

そうするためには、フッ素樹脂加工をしているようなフライパンはダメです。

なぜなら、高温にすると、その樹脂がはがれるからです。

そのおいしい野菜炒めの作り方を試すために、鉄のフライパンを買いました。

さて、今回の上手に餃子を焼く裏技です。

その技を紹介している動画を見る限り、フッ素樹脂加工したようなフライパンに見えました。

そもそも、なぜフッ素樹脂加工しているのでしょう。

それは、焦げ付きを防ぐためです。

そのようなフライパンで焼けば、フライパンに引っ付きにくいの当たり前です。

だから、私はこの裏ワザを見たときに、怪しいと思いました。

試した結果、案の定失敗しました。

それでも、やり方を変えると成功するかもしれません。

そこで試したのが・・・

水を入れて沸騰させて、湯を捨てるところまでは一緒です。

動画では、油は大さじいっぱいと言い切っています。

だから、お湯を捨てて、餃子をいったん避難させます。

空になったフライパンに油を入れて、全体に油をなじませます。

その状態の後に、餃子を入れました。

そして2分焼きました。

2分も、動画で指定されていました。

さ~焼けた~

餃子はフライパンとの別れを悲しむように、しっかり引っ付いています。

それでも引っ張ると、まさに身を切る思いでしょうか?

餃子の皮が破れて、中身の具がこぼれ落ちます。

つまり、失敗。

結論

餃子を上手に焼くには、焦げ付き防止された高機能フライパンが必要です。

こんなん、裏技じゃね~よ~

またひとつ、新たなトリビアの種が実証された。

ま~、所詮、素人が紹介する裏技なんてこんなもんですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク