クールでいいんじゃね?学校の前で「SHCOOL」って…

「SHCOOL」ですが・・・

「はい、はい、学校ね」

って思ったあなた、よ~くスペルを見てください。

正しくは

「school」

です。

さて、何の話かと言うと、アメリカの学校の前の道路に、「学校の横断歩道」って意味の英単語を書こうとしてスペルを間違えったって話です。

「まあ、いいんじゃね~の」

だって、SH . cool って見れば

「cool」でカッコよくね?

さて、実物はどうでしょうか。

これです。

「お~、クールじゃん」

写真の撮り方もあると思いますが、私には映画のワンシーンに見えてかっこよく見えます。

さて、これに対して市運輸局は

「スペルを間違えたのは業者」

って言っているみたいですが、

「仕事を依頼してチェックは無いのかい?」

と突っ込みたくなります。

ま~、どこも役所ってところは同じですね~

税金泥棒め!

ところで、このニュースを見たほかの人の感想はどうでしょう。

「いいんじゃね?」

って感じの、我関せずって感想がところどころに見受けられました。

また、日本でもあるじゃんってことで、画像が紹介されていました。

これです。

「ま~、なんと、お間抜けなんでしょう!」

同じような間違いなのに、日本語になると、一気にお笑いって感じになりました。

でも、これが英語だと・・・

なんか、これだと、ちょっとお間抜けですね~

「ストッポですか?」

私は、お菓子のトッポが頭に浮かびました。

あなたは、

車のトッポでしょうか?

[ad]

さて、このニュースの感想をさらに見ていると、こんなのがありました。

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。

どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

「なんか、平仮名で読みにくいな~」

って思ったのですが、よく見ると文字の順番が意図的に変えられています。

でも、ちゃんと読めます。

そういえば、依然、これに関するニュースを見たことがあるような気がします。

脳に関する研究結果みたいなものだったと思うのですが・・・

忘れました。

ま~、今回のスペルの間違いも、英語圏の人ならちゃんと読めるのではないでしょうか?

それに、

「文字を間違えると、世界中に報道されて恥をかく」

って教訓にもなるでしょう。

これが、本当の教育ではないでしょうかね~

でも、自分の母校がこんなんだったら・・・

「お前がバカなのは、学校のせいだな~」

って言われるようなきがします。

学校の前で「SHCOOL」って…

いやしくも学校に通ったことがあるなら「school」のスペルくらいはちゃんと書けないとダメだろう。

しかしニューヨークの高校の前の道路に「学校の横断歩道」と書いた(書こうとした)人は、スペルを間違えた。

米紙ニューヨークポストによると、ロワーイーストサイドのマータ・バレ高校の前の道には白のペンキで「SHCOOL X-NG(横断歩道)」と書かれていた。

市運輸局は、スペルを間違えたのは業者で市ではないと主張している。

学校の前で「SHCOOL」って…(AP) – エキサイトニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク