その通りかも?低所得者ほど生活習慣に問題=野菜食べず、運動しない―初調査で判明・厚労省

厚生省の調査によると、世帯所得が年200万円に満たない人は、比較的高い収入のある人に比べて野菜を食べる量が少なかったり、運動の習慣がなかったりだそうです。

「当たってるかも?」

私も低所得者ですからね~

野菜?

あんまり食べないな~

だって、高いし~

買っても、一人だと食べききれないし~

「えっ!冷蔵庫に入れて、別の機会に使えばいい?」

なめてもらっちゃ困りますよ~

「冷蔵庫なんて持ってません!」

そして、運動です。

今までは、ほとんどしませんでした。

でも・・・・

そのためか、腰痛がひどくなりました。

「ほっときゃ治るわ~」

なんて思っていましたが、いっこうに治る気配なし。

そこで、少しずつ運動することにしました。

もし、腰痛がなければ?

「誰が、金にもならんのに動くか~」

さて、他の人はこのニュースを見てどう思うでしょうか?

その中に、印象深いものがありました。

これです。

「同じ低所得なら働いて低所得より生活保護で低所得の方が楽できるというのが大問題」

まさに大問題だと思います。

また、この生活保護ですが、日本人より在日外国人の方がもらいやすいってのをネットで見ます。

どうなんでしょう?

ちなみに、在日外国人とは、主に朝鮮人などの事です。

そして、この在日朝鮮人の7~8割が働いていないという書き込みをネットで見ました。

「まさかそれは無いだろ~」

なんておもって、その根拠のリンクをクリックしました。

すると・・・

今は、どこでもホームページを持っています。

そして、在日朝鮮人の団体のサイトがありました。

そこには、人数と働いている人の数が記載されていました。

今は、そのデータは、今はそのサイトに無いと思います。

なぜなら批判のもととなる恐れがあるからです。

でも、ウェブ魚拓を見ると、本当にその通りでした。

「まさか、ここまでひどいとは・・・」

ウェブ魚拓とは、ホームページのスクリーンショットを撮って、画像としてアップしたサイトの事です。

今の日本は、日本人より、在日朝鮮人の方が優遇されているようです。

さて、私の住んでいるところは、ぼろいアパートです。

だから、隣の人の声も聞こえます。

何やら、隣の部屋がうるさいです。

どうも、市役所?の人が来ているようです。

なんで?

ちなみに、隣は年寄りです。

隣の人が、お金が無くて、生活保護でも申請したのでしょう。

今は、みんなが生活保護を申請するので、昔より審査が通りにくいようです。

その前の段階のチェックとして、部屋に来たのかもしれません。

なにやら・・・

「資産があったら、生活保護は受けれません」

「ます、お金になるものを売ってください」

そんな声が聞こえます。

そういえば、昔は隣からテレビの音がよく聞こえました。

しかし、それも聞こえなくなりました。

なぜ?

地デジ化に対応していないために、テレビが見れなくなったようです。

「じゃあ、静かになったの?」

と聞かれると違います。

隣の年寄りが、大きな声で独り言をいいます。

かなり、うっとおしいうえに、気が滅入ります。

で、どうなったか?

その市役所の人と思われる人が、隣の年寄りの親族に

「金が無いので、生活が困っているようです」

って連絡をすることになったようです。

そして、役所と思われる人は

「もし、申請(生活保護)をしても、すぐには出ません」

とはっきり、言い切りました。

言い方を変えれば、死ねってことでしょうか?

他人事とはいえ、私もかなり貧乏です。

腹立つのが、在日朝鮮人です。

なんで、あいつらだけ優遇されるのでしょうか?

あいつらは嘘ばかりつきます。

強制連行?

そんなのウソです。

在日朝鮮人のほとんどが、日本に密入国です。

それをごまかすために、強制連行されたと嘘をついています。

また、私の家の周りにもたくさんありますが、パチンコ屋。

あれは、戦後のどさくさに紛れて、朝鮮人が不正に占拠した土地に建てたといわれています。

ほんとかどうかわかりませんが、それなら駅前の一等地にパチンコ屋が多いのは納得できます。

これを読んでいるあなたが、日本人なら、いまいち在日朝鮮人について、他人ごとのようにきこえるかもしれません。

しかし、それは思ったより、ず~と近くで関わっているかもしれません。

たとえば、ソフトバンクの孫正義です。

今では、偉そうなこと言っていますが・・・

やはり、朝鮮人特有の嘘をつきます。

それは、自分は、在日中国人だと嘘をついていました。

また、孫の父親は、密造酒で稼いだ資金を元にパチンコ店数十店舗を開くなどして財を成したと言われています。

つまり、孫正義は、え~とこのボンボンなのです。

あの苦労話も、どこまでが本当かわかりません。

このように、日本に住んでいる日本人が苦労して、嘘をつく朝鮮人がいい目を見るシステムを、何とかしてほしいです。

生活保護自体も、根本から見直す必要があると思います。

まじめに働くより、生活保護をもらう方がいい生活できるなんて間違っています。

前なんか、窓の外から何やら聞こえます。

「なにかな?」

私のアパートの周りは貧乏人が多いです。

その貧乏人が、生活保護の額の自慢をしていました。

正直、早くくたばらないかな~と思うことがあります。

たとえば、朝早くから、空き缶をつぶして大きな騒音をたてるやつとか。

こいつらは、拾ってきた空き缶をお金に代えています。

そして、そのお金をどうするか・・・

「生活のため?」

いえ違うでしょう、なぜなら、

「今日、パチンコで、何ぼ・・・」

勝った負けたと話を、大きな声でしています。

なんで、こんな奴らに、税金が使われるのでしょうか?

世の中、不満ばかりです。

私も、そのおいしい思いをさせてくれれば文句を言わないのですがね~

低所得者ほど生活習慣に問題=野菜食べず、運動しない―初調査で判明・厚労省

世帯所得が年200万円に満たない人は、比較的高い収入のある人に比べて野菜を食べる量が少なかったり、運動の習慣がなかったりと、生活に問題がある傾向があることが、厚生労働省が31日公表した国民健康・栄養調査で分かった。
調査は国民の食事や生活習慣を把握するために毎年行われ、今回は初めて所得との関係を調べた。厚労省は「低所得者には生活を改善する時間的余裕がないとの指摘がある。これまでは健康増進のために個人の行動を変えようとしてきたが、今後は社会環境の整備も必要だ」としている。

低所得者ほど生活習慣に問題=野菜食べず、運動しない―初調査で判明・厚労省 (時事通信) – Yahoo!ニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク