これが噂の醜いやつか!フェラーリ、F2012を発表

2012年のフェラーリのF1が発表されたようです。

フェラーリってだけで話題になるのですが、今回は別の意味できになることがあります。

以前の話では、今度のデザインは醜いだとか。

その時は、画像が無く、どのように醜いのかわかりませんでした。

その醜いフェラーリが発表されました。

これです。

ぱっと見は、それほど違いが分からないのですが・・・

私は、昔はF1は好きでしたが、今はあまり興味ありません。

一番の理由は、デザインが、かっこいいと思わないからです。

ちなみに、私が好きなのは、

と言いたいところですが違います。

この辺かな?

上の2枚のミニカーの画像は、ここからパクってきました。

今のデザインもいまいちと思っているところに、さらに醜いとの発表に、逆に期待していました。

でも、どこが違うの?

ノーズに段差ができています。

さらにアップで、別の角度です。

私はこのデザインより、画像が、おもちゃみたいで気になります。

こんなにおもちゃみたいだと、プラモの会社の田宮が、これを表現するのに余計手間がかかるのでは?と頼まれていないのに心配をしてしまいます。

そういえば、初めてテスタロッサの実物を見たときに、「おもちゃみたいだな~」と思ったのを思い出しました。

それを見て、「もし私が腐るほどお金を持っていても、こんな車買わないな~」って事を口走ってしまいました。

それを聞いたフェラーリの信者に、長々と説教されてしまいました。

私から言わせれば、「あんたこそ、車がわかってないじゃないの?」って言いたい。

もし、

かっこいいけど、低性能の車

ダサいけど、高性能の車

があった場合、どちらが売れると思う?

答えは、かっこいい車だと思います。

さて、このかっこいいという基準です。

これは、女性の美と同じように、場所や時代によって変わります。

もし、このデザインで優勝を連発すれば・・・

「美しいデザインの上に、機能面でもすばらしい」

なんて評価がされるのが目に見えています。

さて、車のデザインの歴史を書き換えるかもしれないF1を、また別の角度から見てみましょう。

「すまん、私はどんな結果が出ようと、また人に脅されようと、これがかっこいいとは絶対におもいませんね~」

でも、これで優勝すれば、ライバル達も、このデザインをまねることになるのでしょうか?

そうなれば、ますますF1の魅力が下がるような気がしますが・・・どうでしょうか?

フェラーリ、F2012を発表

フェラーリは、2012年F1マシン「F2012」を発表した。

フェラーリ F2012の発表は、当初マラネロでのセレモニーが予定されていたが、寒波の影響で中止となり、公式サイトのストリーミング配信というカタチで実施された。

発表会では、フェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサが登場し、F2012のアンベイルを行った。

首脳陣が“醜い”と表現していたことから予想されていたとおり、フェラーリ F2012のノーズにはケータハム CT01に用いられたような大きな段差がつけられている。

フェラーリ、F2012を発表 【 F1-Gate.com 】.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク