日本でも昔からあるけど?助手席に薪ストーブ、厳冬のスイスで究極の寒さ対策

画像は、こちらのサイトからパクってきました。

寒いですね~

今、布団にくるまって、ブログを更新しています。

「我慢できん」

なんて言いたいですが、大阪より北って、もっと寒いんですよね~

信じられません。

さらに外国になると、想像もできない世界があるようです。

さて、そんな想像もできない外国の人は、どうやって乗り切るのでしょうか?

そんな話題です。

寒さの厳しいスイスに、薪ストーブを助手席に積んだ車がお目見えしたそうです。

どんなの?

これです。

「な~んだ」

もうちょっとすごいのを想像したのですが・・・

「こんな車、昔から日本にもあるじゃん」

画像は、こちらのサイトからパクってきました。

「そう、焼き芋屋さんの車です」

ま~、違いと言えば、車の種類でしょうか?

日本の場合は、軽トラックが多いと思います。

しかし、今回の車は、ボルボ240ステーションワゴンだそうです。

ちなみに、車の中の様子です。

「お~、これなら微妙な火加減もばっちりですね~」

焼き芋にばっちりです。

とはいえ、別に焼き芋をするわけではなく、寒いからって事みたいです。

とはいえ、このストーブより、

「運転手の髪型がきになる」

と、ここで新たなるミステリーの出現は、とりあえず置いておくことにします。

さて、この「薪ストーブ車」は、国の検査を受けているので問題ないようです。

問題といえば・・・

日本の焼き芋の車はどうなんでしょう?

日本って、結構、車の改造に対してうるさいと思うんですけどね~

ま~、堂々と、

「ぴーーーーー」

と音を鳴らして商売をしているところを見ると、大丈夫だとは思いますが・・・

でも、車の荷台では、薪でも燃やしているんでしょう?

もしかしてガス?

たま~に、夜に売りに来ているのですが、寒くてなかなか買いに行く気がしません。

もし、今度焼き芋屋の車が来れば、確かめに行こうと思います。

「いえ、決して焼き芋がほしいわけではありません」

「この世のトリビアを解決するために、仕方なくいくのです。

責任感の強い私としては、しょうがなく行くのです。

「えっ!確認するだけかって?」

「そりゃ~、見るだけでは、焼き芋屋さんに悪いので、仕方なく買いますけどね」

助手席に薪ストーブ、厳冬のスイスで究極の寒さ対策

欧州各地が歴史的な寒波に見舞われる中、厳冬のスイスでは、薪ストーブを助手席に積んだ車がお目見えした。

屋根から煙突が突き出た「薪ストーブ車」は、パスカル・プロコップさんが所有する1990年型のボルボ240ステーションワゴン。自分の手で「薪ストーブ車」に改造し、国の技術検査当局から運転認可を取得したという。

プロコップさんは、チューリッヒから南に約25キロ離れたメットメンシュテッテンの道路で、助手席のストーブに薪をくべつつ、煙突から白煙をあげる自慢の車を走らせた。

助手席に薪ストーブ、厳冬のスイスで究極の寒さ対策(ロイター) – エキサイトニュース.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク