上へまいりま~す!エレベーターガールいるかな?「2050年宇宙の旅」はエレベーターで

「戦艦でもなく、機関車でもなく、エレベーターですか?」

私が、初めて地球以外の概念を知ったのはアニメです。

そのアニメとは、宇宙戦艦ヤマト。

アニメの内容は全く覚えていませんが、夢中で見た記憶があります。

そして、宇宙戦艦ヤマトの後は、銀河鉄道999です。

どちらも、原作者は松本零士ですね~

改めて考えると、宇宙と言うより、未知なる外国にでも行くような感じで見ていたのかもしれません。

そのため、宇宙としての憧れは感じていませんでした。

それがいつの間にか、宇宙と言うもの自体に魅力を感じるようになりました。

それもまたアニメによる影響だと思うのですが、今度は何のアニメか思い出せません。

もしかしたら、映画だったのかも?

「いや、それは無いな!」

なぜなら、私は子供のころから落ち着きがありませんでした。

そのため、長時間にわたる映画を、じっと見るなんて考えられません。

せいぜい、アニメの30分が限界です。

やっぱり、アニメでしょう。

そのアニメの中で、

「人間が、空間に浮かんでいるではないですか~」

まるで、新しいエンターテイメントでも見つけたような興奮を覚えました。

「私も、宙に浮いてみたい」

これが、私が宇宙に憧れた理由です。

そんな宇宙に憧れていましたが、現実に宇宙に行くとなると・・・

「えっ!エレベーターでいけるの?」

今まで手の届かなかったものが、一気に庶民のもののようになったような感じがします。

つまり、ありがたみがなくなる。

たとえば、東京大学。

私の子供のころは、今以上に学歴社会と言われていました。

そのため、東京大学卒業といえば、神にも近い存在です。

しかし、今では・・・

あの鳩山元首相も東大卒です。

これで、一気に東大ブランドも落ちたのではないでしょうか?

ま~、首相自体の価値も、落ちるところまで落ちていましたが、ルーピー(鳩山)のおかげで、その地位は、今やめり込むほどです。

さて、さすがに宇宙へエレベーターでいけるからと言って、そこまでは落ちることはありませんが、いや、ルーピーと宇宙を比べる方が失礼ですね。

そういえば、ルーピーって、火星人って言われていましたっけ?

それだけ、宇宙も身近になったって事でしょうかね~

ところで、エレベーターで宇宙に行けると言ったって、まだ未来の話です。

ゼネコンの大林組が、2050年に実現させると発表したとか。

「2050年ですか~、まだまだ未来ですね~」

とはいえ、気が付けば今は、2012年です。

「えっ!まだ2012年だよって?」

いやだって、私の子供のころに、1999年にノストラダムスの大予言ってのがあってですね~

人類が滅亡するなんて言われていたんですよ~

自分の年齢を計算して、どんな大人になっているか想像したものです。

「遠い未来の話」

なんて思っていました。

気が付けば、1999年なんてはるかに過ぎて、どんな大人になったかと言うと・・・

聞かないでください。

ところで、未来の話とはいえ、

「そんな夢のような事が出来るの?」

って思います。

それに対して、ゼネコンの大林組は、

「鋼鉄の20倍以上の強度を持つ炭素繊維「カーボンナノチューブ」のケーブルを伝い、30人乗りのかごが、高度3万6000キロのターミナル駅まで1週間かけて向かう計画」

だとか。

「カーボンナノチューブ」がどんなものかわかりませんが、具体的な事を言われると信じるしかありません。

出来ることに期待します。

さて、そんなエレベーターが出来たとして、あなたは宇宙へ行きたいですか?

もちろん、お金の面もあると思います。

じゃあ、タダでいけるとします。

「宇宙へ行きたいですか?」

子供のころには、宇宙で「ぷかぷか」したいという野望がありましたが、大人になった今は、それだけで宇宙へ行きたいとは思いませんね~

まず、今回の計画がそのまま実現したとします。

30人乗りのカゴにのって、一週間ですよ~

人間が、狭い空間で一週間なんて・・・

かなりのストレスがかかると思います。

絶対に、争い事が起こると思います。

だから、宇宙へ行った喜びより、人間不信になるかも?

それでも、大金はたいてまで宇宙に行きたい人たちです。

共通の話題もあるでしょう。

だから、案外楽しいかもしれません。

それでも、私は、ちょっと・・・

私は昔、スクューバダイビングをした事があります。

ちなみに、スキューバダイビングではなく、スクーバダイビングが正しいと、当時習ったのでスクーバダイビングと書いています。

ウエットスーツを着て、酸素ボンベを背負って、いざ海へ。

陸上では、まるで鎧でも来ているかのような感覚ですが、海に入るとかなり快適です。

息は、もちろん酸素ボンベから供給されます。

あ~、酸素ボンベと書きましたが、正確には普通の空気が圧縮して入っています。

だから、酸素100%ではありません。

水中眼鏡を通して見える世界は、まるで異次元です。

自分が海の中にいることを忘れるぐらい快適です。

そうやって、周りの事が目に入らなくなり、

「うわ~~~~~」

パニックです。

スクューバダイビングは、一人で潜ることは普通ありません。

最低でも、ペアになって潜ります。

私のような初心者の場合、そのペアが何組かいます。

そのほかのペアの一人の足ひれが、私の水中眼鏡を蹴飛ばしました。

そのため、一気に視界ゼロです。

この恐怖わかりますか?

まだ水中眼鏡だったらいいですよ。

口にくわえている、レギュレーター(ボンベから空気が送られて空気をすう)が蹴飛ばされて、外れた日には・・・

かなり怖い経験です。

そんなこともあり、陸上に上がって思ったことは、

「やっぱり、地上が一番」

なんて思いました。

それ以来、スクーバダイビングもしていません。

お金もかかりますしね~

そんな私が、宇宙?

誰かの土産話で十分かもしれませんね~

「2050年宇宙の旅」はエレベーターで

エレベーターに乗って地上と宇宙を行ったり来たり――。こんな夢のように壮大な構想を、ゼネコンの大林組(東京)が20日、2050年に実現させる、と発表した。

鋼鉄の20倍以上の強度を持つ炭素繊維「カーボンナノチューブ」のケーブルを伝い、30人乗りのかごが、高度3万6000キロのターミナル駅まで1週間かけて向かう計画という。

「宇宙エレベーター」はSF小説に描かれてきたが、1990年代にカーボンナノチューブが発見され、同社は建設可能と判断した。米航空宇宙局(NASA)なども研究を進めている。

今回のエレベーターのケーブルの全長は、月までの約4分の1にあたる9万6000キロ。根元を地上の発着場に固定し、地球の自転の遠心力で飛び出さないよう頂点をおもりで押さえる。一方、ターミナル駅には実験施設や居住スペースを整備し、かごは時速200キロで片道7・5日かけて地上とを往復。駅周辺で太陽光発電を行い、地上に送電する。

「2050年宇宙の旅」はエレベーターで : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク