審査基準は何?<ミス・ユニバース>日本代表に仙台出身の原綾子さん「もっと力をと世界に伝えたい」

「2012ミス・ユニバース」の日本代表が決まったようです。とはいえ、これって大きなニュースなんでしょうか?

私的には

「ふ~ん・・・・」

早い話、興味なしってところでしょうか。理由は、

「だって、綺麗だとおもわないもん」

そもそも、美なんてあいまいです。時代によって、その基準も変わります。わかりやすいところで、日本の昔の美人。

こんなのが、美人だったと思います。ちなみに、この昔の美人?の画像ですが・・・・

「どっかで見たことあるって?」

そう、おかめ納豆のイラストです。画像を探すために、ネットで検索しました。

すると、タカノフーズのホームページが出てきました。おかめ納豆って、タカノフーズって会社の商品だったのですね~

ちょくちょく、おかめ納豆を買っていますが、今までタカノフーズの商品とは知りませんでした。

ホームページを見ると、何かが当たるキャンペーンをやっていました。圧力鍋やホットプレートが当たるようです。でも、グルメカタログ(1万円相当)ってのが一番ほしいな。

どちらかといえば、ミス・ユニバースより、タカノフーズのキャンペーンの方がきになります。そんな、グルメカタログ(1万円相当)より、私的には下の扱いのミス・ユニバースですが、過去には

神山まりあ(11年)、知花くらら(06年)、森理世(07年)、美馬寛子(08年)、宮坂絵美里(09年)、板井麻衣子 (10年)が選出されているようです。

とはいえ、私が知っているのは、知花くらら と 森理世 ぐらいかな~

でも、顔はわからないので、この二人の顔を検索してみました。

「どうも初めまして~」

二人とも初めて見る顔でした。森理世 に関しては、誰かと間違えている恐れもあります。

なんせ、最近はテレビを見ていないもんで~

そんな興味もないのに、なんでブログを書いているかというと・・・

ちなみに、このブログは私のきになったことを書くブログです。

「あら、綺麗な人じゃん」

って思ったので、ブログに書いています。それと、このブログは、全年齢を対象としているので、アダルト系な話題とかも避けています。

しかし、この画像をアップで見ると、この服ってなんか透けてない?

なんか、ニプレスのようなのが透けているようなのですが・・・

画像の修正が必要?

修正すると、余計に卑猥になりそうだし、面倒なのでそのままにしておきます。さて、私はこの人はきれいだと思うのですが、美の基準は国によっても違います。

そのため、そのコンテストでは、このままって事はないと思います。そのようなコンテストの本番の化粧を見て思うことがあります。

「なんで、そんなに厚化粧なの?」

私たち日本人から見ると、ケバイように見えますが、外国人にとったら、それが普通のようです。場合によったら

「なんか、おかまみたい~」

ってこともあります。

[ad]

こんなこともあるので、いまいちミス・ユニバースって話題にならないのではないでしょうか?

もし、本当に美人と思うなら、日本の男性が話題にしないわけがないと思います。そういえば、昔、ブラジル人の男性に、奥さんの写真を見せられたことがあります。

妻の写真を見せること自体、日本人にとってどうかと思いますが、

「奥さん、きれいやろ?」

って聞かれたときは、どうこたえようかと思いました。

なぜなら、そこに写っている女性は・・・

美の基準は国や時代のよって変わります。

だから、何とも言えませんが・・・

確かに、厚化粧だとは思いましたがね。

<ミス・ユニバース>日本代表に仙台出身の原綾子さん「もっと力をと世界に伝えたい」

「2012ミス・ユニバース」日本代表の最終選考会が1日、大阪国際会議場(大阪市北区)で、ファイナリスト23人が出場して行われ、仙台市出身でモデルの原綾子(はら・あやこ)さん(24)が日本代表に輝いた。発表の瞬間「いまでも信じられません。今日はエープリルフールなのでうそではないですよね」と涙ながらに歓喜の表情を浮かべた原さん。「去年は東日本大震災もありました。私の地元の東北の復興をまだまだ世界中に支援を呼びかけて、もっと力が必要なんです、助けてくださいとそう伝えたい」と抱負を語った。原さんは12月に開かれる世界大会に出場する。

「ミス・ユニバース」は1952年に始まった世界で最も歴史あるコンテストで、80カ国を超える国々の代表が集まる。日本代表を選出する「ミス・ユニバース・ジャパン」は、「世界一の美女」を目指す日本女性を選出してプロデュースし、その成長プロセスを追う祭典でこれまで、神山まりあさん(11年)のほか、知花くららさん(06年)、森理世さん(07年)、美馬寛子さん(08年)、宮坂絵美里さん(09年)、板井麻衣子さん (10年)が選出されている。

今回は約4000通の応募の中から書類選考と全国18会場での地方選考などを経て、11年12月に最終選考会に臨むファイナリストが決定。ファイナリストは約半年にわたって日本代表を目指すトレーニングを受けた後、3月19日~30日にジムトレーニングや料理、自己プレゼンテーションなどのレッスンを受ける合宿「ビューティーキャンプ」を行っていた。

最終選考会では、ファイナリストたちが水着審査、ダンス審査で23人から10人、そして5人と絞られた後、審査員との質疑応答などを行い、12年の日本代表「ミス・ユニバース・ジャパン」が選ばれた。司会はフリーアナウンサーの小林麻耶さんが担当し、11年代表の神山さん、10年代表の板井さんらがゲスト出演した。

<ミス・ユニバース>日本代表に仙台出身の原綾子さん「もっと力をと世界に伝えたい」 (まんたんウェブ) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク