なぜFacebookに登録が出来ないの?差別じゃん!みんな持ってるとは限りません!

何気なく、自分の名前をググってみました。私の名前は、珍しいので以前に検索した時はヒットしませんでした。

ちなみに、私の本名ですが・・・

「書けるか~」

このブログは、匿名をいいことに好き勝手書いてます。もし、本名がわかり、関係者にばれるとまずいことも書いてます。そんなこともあり、本名は絶対に明かせません。

さて、自分の名前をググってみると、今回はヒットしました。

「何かな?」

見てみると、同性同名の人でした。

「よかった~」

ま~、今の私なら、ネットに私の名前が出ることは無いでしょう。なぜなら、一般庶民として、その他大勢の一部として暮らしているからです。

でも、もし、私の学生時代に、今のようにネットがあったら・・・

たぶん、私の名前がどこかの掲示板に載ることもあったかも?

内容は・・・

「あいつ、むかつくわ~」

と、陰で悪口が書かれていたと思います。決して冗談ではなく、本当に書かれたと思います。

なんせ、

「人の不幸は、私の幸せ」

と公言していたぐらい、性格が悪かったからです。かなりヒネていました。その上、行動力がありました。

まるで、暴走トラックって感じでした。そんな私に対して、周りはどうだったでしょう?

誰も、私に面と向かって文句を言う人間はいませんでした。

「もし、文句を言われたらどうする?」

間違いなく、蹴りを入れていたでしょう。そういえば、面と向かって

「お前なんか、きらいや」

と言われた覚えがあります。さすがに、その時は焦りました。なぜなら、まったく面識のない人間だったからです。

私の悪名は、他のクラスまで響きわたっていました。

何でか?

授業の合間の休憩時間に、友達に会うために他のクラスに行っていたからです。そこで大騒ぎして、嵐のように去って行っていたため、他の人に印象に残っていたのかもしれません。

それに、その当時は、人と違う派手なかっこもしていました。本当に、あの当時にネットが無くてよかったです。

ネットの書き込みは、場合によったらいつまでも残る場合があります。もし、私の知り合いがネットで検索して、その書き込みを見られると・・・

たぶん、私の人格を疑うでしょう。

「それ、同性同名や」

と、言い訳すればいいかもしれませんが、もうちょっと詳しい情報を書かれると、絶対に私だと断定されます。

なぜって?

先ほども書きましたが、私の名前は珍しいからです。さて、そんな珍しい名前も、ネットの世界になると本当に、同性同名の人がヒットしました。ページを見ると、フェイスブックでした。

[ad]

フェイスブックとは、いまさら説明はいらないと思いますが、SNSの事です。

「SNS?」

SNSの説明としては、日本では、ミクシィみたいなものと言った方がわかりやすかもしれません。とはいえ、今となっては、ミクシィはオワコンと言われるように、過去ものになっています。

そんな、オワコンのミクシィににたFacebookなど、まったく興味ありませんでした。また、Facebookは、本名を入れるようなので、日本では流行らないだろうとも言われていました。そのため、今まで全く興味がありませんでした。

しかし、私の同姓同名の人がFacebookに登録しているとなると、きになります。ページを見ると、画像がありました。でも、横姿を遠目から移した画像なので、どんな人かわかりません。

しかし、もし誰かが私の名前を検索して、その画像を見て、それを私だと思われるのも嫌です。なぜなら、その画像の人は、ちょっとデブだからです。

ちなみに、今の私は痩せております。理由は、貧乏だからです。でも、ちょっと前まではデブでした。

「これでは、いか~ん」

ってことで、ダイエットしました。

嘘です。

実は、精神的なダメージを受け、食べ物が喉を通りませんでした。その結果、10キロ痩せました。

でも、毎日、鳥の空揚げを食べて、2キロ増えました。なぜ、毎日、鳥の空揚げか?

先ほども書きましたが、私は貧乏です。そのため、晩御飯は弁当屋のお惣菜が半額になるまで待ちます。その半額になる商品で、確実に買えるのが、鳥の空揚げでした。

少し体重は増えましたが、腰痛を治すために運動をしているので、体は引き締まってきました。その結果、体重は20歳のころより軽いです。ウエストは、20歳のころと同じです。

これ、ちょっと自慢です。

さて、その同姓同名の、ちょっとデブですが、その他の情報を見るために、リンクをクリックしました。もし、他の情報を見れば、私と同性同名だと、他の人にもわかるかもしれません。

やはり、ちょっとデブと間違われるのは嫌です。しかし、リンクを押してもこれと言った情報は出てきません。ページのうえを見ると、「アカウント登録」って文字が見えます。

「もしかしたら、登録すれば使い情報が見られるのか?」

そこで、アカウントを登録することにしました。まず、名前をローマ字で入力します。

もちろん、偽名です。

次に、メールアドレスです。これも、今回のために、捨ててもいいメールアドレスを用意しました。

そして、パスワード、性別を入力します。

次に、誕生日を入力します。もちろん、これもでたらめです。

今の時代、ネットに本当の情報を入れるなんて、お金が絡む場合、たとえば買い物とか以外では、愚かな行為です。たとえ、それが信頼のおけるサイトだったとしても、いつ情報が流出するかわかりません。

そして、すべての嘘の情報を入力して「アカウント登録」のボタンを押しました。

すると、先ほど入力したメールアドレスに、確認のメールが来ているようです。これは、メールアドレスの確認も兼ねているのでしょう。

メールを確認すると、確かにFacebookから来ていました。メールには、リンクが書かれています。それをクリックすることによって、登録が完了するようです。

「リンクをクリック」

すると、

「セキュリティチェックを実行してください」

ってのが出てきました。そこには、携帯電話のメールアドレスか、電話番号を入れるようです。

「困ったぞ・・・」

なぜなら、私は携帯電話を持っていないからです。ちなみに、私は、ミクシィにアカウントを持っています。

今はどうか知りませんが、私がミクシィに登録した時は、携帯電話のメールアドレスが必要でした。そこで、携帯電話を持っている友達のメールアドレスを使わせてもらうことにしました。

もちろん友達には、そのことを伝え、送られてくるメールのリンクをクリックして認証をしてもらいました。今回も、同じことをしようかと思いましたが、さすがに今回は頼めませんでした。

そもそも、本当に、携帯電話の情報が必要なのか?

[ad]

そこで、ネットで調べてみました。調べたのは、ファイスブックのやり方を説明しているサイトです。

そこには、フェイスブックの登録のやり方が図解で説明されています。しかし、そこには携帯のメールのことは書かれていません。そこで、別のサイトを見ました。

やはり、携帯のメールについては書かれていません。

「もしかして、私が間違ったのか?」

そこで、また別のメールアドレスを用意して、登録をやり直すことにしました。しかし、結果は同じです。

また、携帯電話のメールアドレスを入力する画面が出てきます。ここで、私はあきらめました。

もしかしたら、登録のやり方が変わったのかもしれません。

それについてネットで調べたら、昨日までなかったの、急にセキュリティ確認の画面が出てきてどうすればいいのか?という、質問をしているようなものも見つけました。

やはり、仕様が変わったのでしょう。そうでなければ、私のように、偽名でいくらでも登録できるからです。

ま~、ここから先は、携帯電話が無いと無理でしょう。残念ですが、ここであきらめます。しかし、同姓同名の人がどんな人かきになります。

また、今の私を調べる人なんてまずいないでしょう。そう願いつつ、断念。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    こんにちは
    個人情報流出がどれだけ大きな被害になるのかを考えれば
    ネット上のサービスで本名などを使うことが良くないことなのか
    みんな知っているはずなのに
    本名や携帯番号教えろというフェイスブックの姿勢は意味がわかりませんね。
    なりすましや複数アカウント所持を防ぐ目的なのは
    判りますがフェイスブック運営にはもう少し別なやり方を考えては欲しい所ですよね。

  2. 匿名 より:

    私もです!!
    携帯もってない中学生の身にもなってくれって感じですw

    • コマメ より:

      コメントありがとうございます。
      どうせ、こんなもの一時のブームです。
      中学生の間の時間と、大人の時間は、価値が違います。
      もちろん、中学生の時間の方が貴重です。
      こんなくだらない事に時間を使うなんて無駄です。
      無駄な事は大人になってしましょう。
      ま~、あなたが大人になるころは、フェイスブックなんてないかもしれませんが・・・
      しょせん、フェイスブックなんてそんなものです。