残念?買ったことないけど!ジーンズのボブソンが再建断念…低価格品台頭で

ジーンズメーカーの「ボブソン」が、民事再生手続きの廃止決定を受けたと発表したようです。ま~、早い話、つぶれたってことでしょう。なんか、残念です。

とはいえ、私は、ボブソンのジーパンは買ったことがありません。

なぜ?

「イメージが・・・」

これと言った理由はありませんが、安物ってイメージがあったので買ったことがありません。そういえば、最近、服を買ってないな~

生活が苦しいので、他人からもらった服を、ぼろぼろになるまで着ています。そんな貧乏人が、ジーパンを買うとします。まず、ユニクロです。

問題外です。

私は、ユニクロのジーパンはジーパンと認めません。あんなもの、ジーパンに似たパッチもんです。

あれをはくぐらいなら、死んだ方がましです。なんて、昔なら思っていたかもしれません。

ま~、そのころは、ユニクロなんて無名でしたからね~

それに、今のような営業形態ではなかったでしょうね。しかし、今の人なら、そんなこと全く気にしないのでしょうね~

これも時代の流れ?

「安ければ、なんでもいいじゃん」

って思うかもしれません。

しかし、高いジーパンには、それなりの理由があります。すべてのものに言えますが、高いものと安いものの違いは、時間がたつとその違いがでます。

ジーパンでいえば、色落ちの風合いが違います。その色落ちが、ジーパンの味となります。これがいいのです。

ま~、こんなことを考えるのは、私が古い人間だからなのかもしれません。

世の中、すべてがシンプルに、そして短絡的になっているような気がします。倫理を無視して、

「お金が儲かればいいじゃん」

こんな考えも、その一つでは?

[ad]

なんか、悲しいです。とはいえ、人間、自分の事で精一杯です。だから、今回のボブソンもことも

「残念だな~」

と、ちょっと思っただけで、これと言った思い入れもありません。

さて、話は変わりますが、今日は休日。天気もいいので、EDWINのジーパンをはいて出かけますかね~

私は、ボブソンの

「ソン」より

EDWIN(エドウイン)の

WIN(勝つ)の方が好きです。

ジーンズのボブソンが再建断念…低価格品台頭で

帝国データバンクは27日、ジーンズメーカーの「ボブソン」(東京都)が東京地裁から民事再生手続きの廃止決定を受けたと発表した。

「BOBSON」ブランドは高い知名度を誇ったが、低価格ジーンズの台頭で経営が悪化し、昨年5月に民事再生法の適用を申請していた。

しかし、再生計画を実施できる見込みがなくなったため、再建を断念した。負債総額は11年2月末時点で約10億7400万円。

ジーンズのボブソンが再建断念…低価格品台頭で : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク