あなたは幸せですか?長寿国ニッポンの実態かも?

只今、私は盆休み。そのため、昼過ぎまで寝ていよう、と思ったのですが・・・

「うるさい(怒)」

と怒鳴り、コカコーラのペットボトル1.5リットル(コーラの代わりに水を入れている)で、壁を思いっきり叩いた。ちなみに、このペットボトルは、壁を叩くためだけに用意している。

もちろん冗談ではない。さわやかな、休日の目覚めになるはずが、怒りMAXの状態で目が覚めてしまった。

かなり最悪だ。

一瞬、静かになったのだが、また隣から騒ぎ声が聞こえる。またも、私の怒りはMAXの状態になった。

「うるさいっていってるやろー」

そう怒鳴って、またペットボトルで壁を叩いた。

「何とかならんか、ぼけ老人よ」

さて、このブログを更新している間も、隣でわめき声が聞こえる。私は、ぼろいアパートに住んでいます。ぼろい事もあり、家賃が安いため、みすぼらしい老人がたくさん住んでいます。

このアパートに引っ越ししてきたときは、

「こんな老人にはならないでおこう」

なんて思ったか、転職を繰り返すうちに、いわゆるワーキングプア状態。このままでは、私が見下していた老人になりそうだ。

さて、隣の部屋は、年寄のババアだ。そのババアは、前からおかしかったのだが、最近は特におかしい。いわゆる、ぼけ老人だ。

今も、一人でブツブツ何か言っているかとおもったら、急に大きな声でわめきだした。ぼろいアパートなので、壁もうすく、声がよく聞こえるからたまったものじゃない。

正直、引っ越すか、死んでほしいと思う。

「なんて、ひどいやつなんだ!」

って思うかもしれない。しかし、それはあなたがこの状態を経験していないからそう思うのだ。

「いや、私はそんなことはない」

なんて思うかもしれない。しかし、それが何年も続くと、ちょっとした事でもすぐに我慢の限界が来る。

そういえば、ニュースで、介護に疲れて殺してしまったってのを何度か見たことがある。判決は、執行猶予だったり、結構罪が軽い。

「なんでだ?」

なんて昔は思ったのだが、今はそれがよくわかる。ところで、隣のぼけ老人だが、いつもおかしいわけではない。

だから困るのだが・・・

なぜ困るか?

いつもおかしければ、ぼけ老人として、それなりの対処は出来る。しかし、症状がましの状態があれば、変な老人として扱われ、役所は対処してくれない。

本当に役所ってところは、役にたたないところだ。おっと、またぼけ老人がわめいている。

出来たら、このおかしくなるサークルが少しずれてくれると私も助かったのだが、おかしくなるタイミングが、私の盆休みと重なった。

仕事がある日は、昼間にいくらわめいても、関係ないのだが、予定の無い休みの日はずっと家にいるので、たまったものじゃない。一応、隣のぼけ老人は、薬を飲んでいるようだが、あまり効果は見られない。

飲み始めたころは、少し効果があったようだが、私にとっては喜ばしくない。なぜなら、陽気になって騒ぐからだ。前など、茶碗を叩きながら

「痔がいたい~」

と騒いでいた。さすがに、

「死ね~」

と思った。つい最近は、

「ボケてないけど、パンツ忘れた~」

と騒いでいた。さて、他のアパートの住人はどう思っているか?

もちろん、他の住人も、そのババアが、頭がおかしいのはわかっている。

しかし、実害があるのは、私だけなので、それほど気にしていないようだ。なぜ、私だけ害があるか?

ぼけ老人の部屋の右隣が私の部屋。その反対の左の部屋は?

実は、その部屋は空き部屋なのだ。だから、ぼけ老人の実態の知っているのは私だけなのだ。

そういえば、おかしいのに、問題ないと言い張るやつがいる。それは、ぼけ老人の妹だ。

実は、そのぼけ老人がおかしいので、管理人が役所に届け出た。すると、支援を完全拒否。

ま~、その時は、今より症状がちょっとましで、経済的に苦しいってことで届けたみたいだ。

つまり、生活保護の申請だ。そういえば、芸能人の生活保護受給が問題になっていた。

あのニュースを見ていると、納得いかないことが多々あった。あれに比べたら、隣のぼけ老人が、生活保護を受けてもしょうがないと思う。

しかし、役所は完全拒否。いったい、あの生活保護の制度はどうなっているのだ?

そんなこともあり、管理人は、ぼけ老人の親族に連絡することにした。それが、ぼけ老人の妹だ。その妹は、月に1回ぐらい来て、数日間滞在してまた帰る。この妹が、またうるさい。

本当に迷惑だ。

騒ぎ声が、私の部屋によく聞こえる。だが、前回は、すぐに帰った。なぜなら、ぼけ老人の部屋がくさいからだ。

どれくらいくさいかと言うと、ほけ老人の部屋のドアが開いているときに、部屋の前を通ると

「なんか、子供のころの遠足を思い出すな~」

ちなみに、その遠足の行先は動物園だ。つまり、ぼけ老人の部屋から、動物園のようなにおいがするのだ。ちなみに、私のアパートは共同トイレなのだが、ぼけ老人の部屋だけトイレがついているのだろうか?

もちろん、そんなはずはない。まえ、そのぼけ老人の妹が来たとき、大きな声で

「おしっこくさーー」

とわめいていた。じゃあ、なんとかしてくれ~と思ったが、やはり今も動物園のにおいはする。そんな状態だから、部屋はとても汚いのだろう。

そのため、今年は、嫌な虫のGがたくさんでる。私が、買い物に行くために部屋を出て、再び戻ってくると、ぼけたババアの部屋側の壁には、数匹のGがいる。

最近買った、ゴキジェットは、もう中身が半分になっている。前回友達にゴキジェットをもらったのが、数年前。それが今年亡くなって、新品のゴキジェットを今年買った。

それが、もう半分になっている。前回は、数年持ったのに・・・

いかに今年は、Gがたくさん出るのか、想像できるとおもう。おっと、今も壁に目をやると、Gがいる。

シューーーー

実に、ゴキジェットはよく働いてくれる。しかし、このままのペースで、ひと夏持つだろうか?

おっと、気が付くと、もう夜の10時すぎ。隣のぼけ老人は、就寝中のようだ。

やっと静かな時が流れる。

[ad]

かと思うと、最近は、夜中にわめく日もある。急に、一人で怒り出すから困ったものだ。

こんな状態だということも、うすうす、ぼけ老人の妹は気づいている。しかし、それを認めると、その妹がぼけ老人の世話をしなければいけなくなる。だから、ぼけ老人の妹は認めない。正直なところ、処分してほしい。

えっ!人権にかかわる発言だって?

そんなことを言うやつのうちに、このぼけ老人をす巻きにして送ってやりたい。

「まず、ぼけ老人がどんなものか経験してから、文句を言え」

って言いたい。ところで、日本は長寿国なんて言われているようだ、はたして長生きすることはいい事だろうか?

なんか、今の日本の長寿って、病院のベットに寝かせ、体じゅうチューブでつながれているイメージがある。つまり、無理やり命を無駄に伸ばしているイメージだ。

隣のぼけ老人も、おなじかも?

騒いでいる内容は、

「友達がいない」

など、孤独を訴えるものだ。そんなのを見ていると、長生きすることが、本当に幸せな事だろうかと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ビバっプの話、良かった。
    俺もあの話は嫌いだ。