乙武洋匡の「入店拒否」について!有名人なら、店ではなく他に訴えるべきでは?

「車椅子なら事前連絡が必須? 乙武洋匡を『入店拒否』にした店に賛否」とタイトルがついた記事があった。いままでの私なら、「障害者を差別する悪い店があるんだ! ムッキー(怒)」と瞬間湯沸かし器のように反応していた。だが、私も大人になったので、怒りのスイッチに指をかけた状態で、両者の言い分を聞いてみることにした。

事の始まりは、乙武洋匡が、バカ発見器で名高いツイッターにある書き込みをしたところからだ。

今日は、銀座で夕食のはずだった。「TRATTORIA GANZO」というイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。

ツイッターで、この書き込みを見た人たちは、怒りのスイッチを一斉にオンにした。そして、「どんな店だ?」となって、ホームページが一時ダウンしたらしい。そのホームページを見たが、コメント欄が見当たらない。炎上ではなく、アクセスが集中してサーバーが落ちたのだろう。

さて、今までのマスゴミなら、一方だけ意見を聞き、弱者を叩くのが定石だ。ちなみに、今回の弱者は店側だ。なぜなら、知名度でいえば、乙武洋匡の方が、この店より有名だからだ。しかし、ネットの時代は、弱者も反論が出来る。さて、その店側の言い分だ。

乙武様、GANZOの高田晋一と申します、私のスキルがなかったばっかりに本日は御無礼申しわけありませんでした。少ないスタッフで営業しており、大変失礼なんですが、車椅子のお客様は事前に御連絡いただけないと対応しきれない作りになっております、

私が見た記事(この下にコピペ)によると、この店はビルの2階にあり、エレベータが止まらない。そこで、乙武は「下まで降りてきて抱えてほしい」と申し出たらしい。そこで、店主が断ったのでこじれたようだ。だが、マスゴミを通してではなく、直接やり取りしたので誤解がとけ和解できたようだ。もし、マスゴミを通してなら、もっとこじれていただろう。それが、クズどものやり方だからだ。

さて、私が乙武なら、ここで障害者の主張をしただろう。今回の事は、ちょっと騒ぎになったのでニュースにも取り上げやすいからだ。こんな時こそ、マスゴミを使うべきだと思う。そこで、「まだまだ障害者が健常者と同じように生活するには壁がある。だからこれからもバリアフリーを進めてほしい」などとメッセージを伝えるべきではないだろうか。

ちなみに、私の怒りのスイッチにかかった指は、最後までそのままだった。

車椅子なら事前連絡が必須? 乙武洋匡を「入店拒否」にした店に賛否

予約していた人気レストランへ到着すると「車椅子だから」と入店拒否された―。作家、乙武洋匡さん(37)が「銀座での屈辱」として語った入店トラブルが波紋を呼んでいる。

名指しされたレストランはツイッターで事情を説明するも、「どんだけ殿様営業やねん」と批判が集中。ホームページも一時サーバーがダウンしてしまうほど大騒ぎになってしまった。

乙武さん「こんな経験は初めてだ」

事の発端は、乙武さんが2013年5月18日に投稿したこんなツイートだった。

「今日は、銀座で夕食のはずだった。『TRATTORIA GANZO』というイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。『車いすなら、事前に言っておくのが常識だ』『ほかのお客様の迷惑になる』――こんな経験は初めてだ」

乙武さんがこの日訪れたのは、東京・銀座6丁目にある人気イタリアンレストラン。雑居ビルの2階に位置する全12席の小ぢんまりとした店内は、所謂”隠れ家レストラン”といった趣だ。

こちらのエレベーターは2階に止まらないため、階段を利用する必要がある。乙武さんは「下まで降りてきて抱えてほしい」と申し出たのだが、店主から「それはホームページにも書いてあるんだけどね」「忙しいから無理」と断られ、結局、料理を味わうことなく店を後にしたという。

店側「車椅子の方をお断りするつもりはありません」

乙武さんは、「ひどく悲しい、人としての尊厳を傷つけられるような思いをする車いすユーザーがひとりでも減るように」と店名を公表。車椅子利用の事前連絡を怠ったことについては非を認めつつも、店主の「まるで心が感じられない対応」に不満を露にする。

一連のツイートが60万人を超えるフォロワーに届くと、ほどなくして店主のツイッターには、さまざまなコメントが寄せられた。「車椅子なら事前連絡は当たり前」という擁護の声も少なくないが、「どんだけ殿様営業やねん」「早急に接客業辞めて下さい」などの批判も多く、釈明に追われることに。

店主は謝罪した上で「事前に事情がわかっていれば入り口に近いお席にご案内して入店のストレスを軽減したり、ほかのお客様の入店時間をずらしてスタッフがご案内できる余裕を持たしたり対応させていただきました」と断った事情を説明した。またホームページ上に掲載した文章では、「決して車椅子の方をお断りするつもりはありませんし差別もしておりません」と断言し、店主と新米スタッフ1人の計2人で営業していることや、店のバリアフリー環境が悪いことなども明らかにした。

一時はサーバーがダウンするほどアクセスが集中し、知る人ぞ知る人気店が思わぬ形でネット上の有名店となってしまったが、現在では乙武さんも「ぜひ、次回は事前に車いすである旨をご連絡してからお伺いしますね!」と和解しており、騒ぎも次第に治まりつつある。

http://www.j-cast.com/2013/05/19175358.html?p=all

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク