アリの駆逐に成功か?お金をかけずに気長に駆除する方法!

気がつくと足元に、ゴミ箱にアリがいる。

「うっとおしい!」

そこで蟻を退治することにしました。

まず最初に、昔偶然にアリの一団を退治できた方法を試して見ました。

子供の頃は、私も無垢でした。

無邪気にもシャボン玉ごときで喜んでいました。

その時、タイムリーにテレビでシャボン玉の特集をしていました。

内容は、どうすればシャボン玉がなかなか割れないかと言うものでした。

そのひとつが、シャボン液に浣腸液を入れるというものでした。

浣腸液を入れると、蒸発しにくくなるために、シャボン玉が割れにくくなると言う内容だったと思います。

しかし、この方法は試すことが出来ませんでした。

なぜなら、「シャボン玉するから、浣腸買って!」なんて親にいえないからです。

そこで、他の方法を試すことにしました。

もうひとつは、シャボン液に砂糖を入れると言うものでした。

コレは、親におねだりせずに試すことが出来たので、砂糖を入れる方法を試すことにしました。

結果は、あまり覚えていませんが、砂糖を入れる前より割れにくかったと記憶しています。

でも、所詮シャボン玉です。すぐに飽きてしまいました。

手元の容器を見るとシャボン液は、まだたくさんあります。

「また今度するかも?」ってことで、その入れ物を金魚の入っている水槽のそばに置きました。

ちなみに水槽は、玄関の下駄箱の上にあります。

だから、玄関を通るたびに自然と水槽が目に入ります。

もちろん、残ったシャボン液が入った容器も。

また今度続きをしようと思ったシャボン玉ですが、前回ちょっとしただけで、かなり満足した。

だから、もう一度シャボン玉をしようとはなかなか思いませんでした。

そのため、水槽のそばのシャボン液の入った容器は放置状態です。

人間の目は、目に映っていても、気にかけなければ見ていないのと同じです。

靴を履くときに、必ず目に入っているはずのシャボン液の容器が、私の視界から消えていました。

しかし、あるとき頭にハテナマークが浮かびました。

そのとき、私の視界から消えていた、シャボンの容器がまた見えるようになりました。

なぜ、ハテナマークが浮かんだかと言うと、シャボン液の容器から外に向かって黒い点々見えるからです。

なんだろうと、よく見るとアリの死骸でした。

シャボンの容器から、外に向かって一直線に蟻が横たわっていました。

シャボン液の中の砂糖につられて、蟻がたかったのでしょう。

しかし、持ち運ぶ途中で洗剤に体がやられたのでしょう。

こんなことが昔ありました。

まず、アリを退治するのに、このシャボン液を試すことにしました。

わくわくしながら、シャボン液に蟻がたかるのを見ていましたが、一向にアリが近寄る様子がありません。

2日我慢しましたが、この方法は効果がありませんでした。

たぶん、シャボン液の洗剤と砂糖の割合が悪かったのでしょう。

ここで、洗剤と砂糖の割合を変えて試せばいいのですが、面倒なので違う方法でアリを退治することにしました。

自作のシャボン液が失敗したので、市販のアリ退治の薬をためそうかと思いました。

しかし、蟻ごとき退治にお金を払うのも馬鹿らしいので、違う方法をかんがえました。

その方法は、蟻を一匹一匹捕まえることです。

まず、歯ブラシを水に浸します。それで蟻をこすります。

すると、蟻が歯ブラシに引っ付きます。「流石、歯ブラシ」

言い忘れましたが、今回の蟻は、体長が2~3mmぐらい小さな蟻です。

その水にぬらした歯ブラシで、面白いように蟻が取れました。

次ぎつきに、アリを捕獲しました。面白いように取れます。

10匹ぐらい蟻を捕まえた頃には、次のアリが出てくるのが待ち遠しくなりました。

しかし、急に蟻が出てこなくなってきました。

「もう終わり?」

そこから数分待ちましたが、次の蟻がでてきません。

そこで飽きてしまっって、蟻の捕獲をやめました。

「そういえば、アリはどうなったかな?」

急に、アリのことを思い出しもう一度確認しにいきました。

すると、また蟻がいます。

そこで、また歯ブラシで捕獲開始です。

しかし、また10匹ぐらい捕まえると蟻がでてこなくなりました。

次の日です。

また10匹ぐらい捕まえると、蟻が出てこなくなりました。

かなり次の蟻が出てくるのを、歯ブラシを持ちながら待ちました。

でも、次があらわれません。あきらめました。

またその次の日です。

今度は5匹ぐらい捕まえると、蟻が出てこなくなりました。

しかし、今回アリを捕まえるときに、「あれ!」っと思ったことがあります。

アリを捕まえるときに、よくアリを見ます。

今回捕まえた一匹のアリをみて、他のアリと違うところがありました。

それは、アリの形が変です。

よく見ると、そのアリは、口に何かをくわえています。

つまり、えさを運んでいました。

いままで、数10匹のアリを捕まえましたが、えさをくわえているのは、その一匹だけでした。

今回アリを捕まえたのは、アリの通り道の途中です。

道の片一方から反対側に向かうアリは、えさに向かうはずなので、餌をくわえていなくても問題ありません。

しかし、どちらか一方は、餌からアリの巣に戻るはずなので、餌をくわえているはずです。

それなのに、餌をくわえているアリはいませんでした。

アリって、働き者かと思いましたが、ほとんどがサボっているようです。

人間もアリも、実はよく似ているのですね。

ちなみに、私はサボっているアリのようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク