がんばれよ!アームストロング氏、ツール・ド・フランス出場へ=自転車

このニュースを知ったとき、とてもうれしかったです。

ランス・アームストロングが、またツール・ド・フランスに出場するようです。

ブランクもあり、年齢的にも8連覇は、あまり期待できないかも知れません。

しかし、知っている選手がまったくいなくなったので、ちょっとツールに対する興味がなくなっていました。

以前は、7月になると、「あ~、仕事やめて、フランス行きたいな~」って思っていました。

でも、最近は、「そういえばツール終わったな~、今年は誰が勝ったんだ?」って感じに。

実は、私は、それほどランスは好きではありませんでした。

確かに、ツールで7連覇はすごいです。

多分、私が生きている間に、この記録は破られないでしょう。

それほどの記録の持ち主です。

私も、自転車に乗ります。

自転車といっても、ママチャリではなく、ロードレーサーです。

自転車のりとしては、あこがれても不思議ではありません。

でも、ランスはオーラがないって言うか・・・

私の自転車は、もうぼろぼろです。

新しい自転車がほしいです。

そこで、ランスが乗っていた、トレックの自転車がほしいかというと違います。

私は、ビアンキがほしいです。

ビアンキといえば、私はパンターニを思い出します。

パンターニって、かっこよかったな~

パンターニは、自転車乗りとしては身長が小さいほうでした。

それでも存在感がありました。

でも、死んじゃいました。

自殺したと聞いたのですが・・・

残念です。

そのパンターニとランスが、ツールで争ったことがあります。

その時、ランスがパンターニにステージ優勝を譲ったみたいな報道がされていました。

「ランスっていやなやつ」

ま~、そんなんがあり、いまいち好きじゃなかったです。

でも、ランスのおかげで、シマノのパーツの地位がちょこっとあがったかも?

自転車のパーツでは、シマノよりカンパの方が上って感じがあります。

ま~、実際のところ、見た目もカンパの方がりっぱです。

わたしは、シマノとカンパを試したことがあります。

結果は、シマノのほうが使いやすかったです。

自転車は、見ても楽しい。

シマノのパーツは、その点では負けているかも?

もうちょっと、カンパに負けない商品を作ってほしいです。

私は、シマノが好きでシマノの株を買ったことがあります。

そして、シマノの株主総会に行ったことがあります。

そこで、これがシャンシャン総会ってのを体験しました。

シマノの誰かがしゃべると、一部の株主が大きな声で、「賛成~」みたいな声がかかります。

言葉につまり、間が開いても掛け声が聞こえます。

まったく発言を聞いていないのが丸分かりです。

ところで、ランスですがジロも参加するようです。

以前は、ツールだけに的をしぼって、ほかのレースには出なかったと思います。

それなのに、ほかのレースに出るということは、本人も勝つ自信がないのかも知れませんね。

日本では、自転車レースはマイナーなスポーツです。

ランスはアメリカ人です。

アメリカでも、自転車レースはマイナーなスポーツだと思います。

それでも、ツールで7連覇はすごいことです。

そこで、アメリカ人に、ランスのことを聞いてみました。

すると、有名な人だと言う答えが返ってきました。

あんまり好きではないランスですが、それでもうれしかったです。

これがきっかけで、自転車レースがもっと注目されればいいんだけどな~

アメリカではやれば、日本でもはやるかも?

そういえば、日本でもロードレーサーのブームがありました。

でも、それはすぐに終わり、代わりにマウンテンバイクがはやりました。

残念。

なんだか、また自転車に乗りたくなってきたな~

アームストロング氏、ツール・ド・フランス出場へ=自転車

世界最大の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスで2005年まで7連覇を果たし、今年9月に現役復帰を表明していたランス・アームストロング氏(37)=米国=は1日、所属チームの公式サイトで来年7月の同レースに出場することを発表した。
同氏は現役時代に睾丸(こうがん)がんを克服して復活を遂げ、05年の優勝を最後に引退したが、「がんと闘うことに対する人々の意識と関心を高めたい」として復帰を決意。来年1月のツアー・ダウンアンダー(オーストラリア)で本格的に競技に戻る予定で、5月のジロ・デ・イタリアにも出場する見込みとなっている。
アームストロング氏、ツール・ド・フランス出場へ=自転車(時事通信) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク