10年前の自分と話がしてみたいな!コンタクトは面白かった

今日、ジョディ・フォスターのコンタクトを見ました。

感想です。

おもしろかったぞ!

ここから読んだ人は、何のことかわからないと思います。

これは、前回の続きです。

今度の休みには、ジョディ・フォスターのコンタクトを見るぞ!

てっきり、つまらない映画だと思っていました。

始めのほうで、主人公の子供のころの回想シーンがあります。

ここでは、母親がいなくて、父親との思いでシーンが出てきます。

たしか、原作では、逆だったと思います。

父親がいなくて、母親との回想シーンだったような・・・

なにぶん、原作は10年ぐらい前に読んだので、記憶が間違っているかも?

そのような、突っ込みを入れながら見ていました。

ジョディ・フォスター演じる主人公は、自分の考えを貫き通すようなタイプ。

また、大人の世界の駆け引きなんかが苦手なタイプ。

がんばれば報われるって考えているような人でしょうか。

自分を反対している人に、結果を持っていかれるところで、クスッと笑ってしまいました。

もうちょっと、うまくやればいいのに。

使えるものは、利用すれば~

でも、10年前の私は、そんな事や考えが出来ませんでした。

つまり、主人公の行動は、10年前の私の姿でもありました。

多分、10年前に、この映画を見たときも、主人公は自分の姿だと気づいたでしょう。

私も、努力は報われると考えていました。

でも、今見てみると、自己中心的な考えだったのかも知れません。

人間は、一人では何も出来ない。

そんなことを認めたくなく、この映画が面白くないと思ったのかもしれません。

また、この映画は、宗教的な部分もあります。

私たち日本人は、宗教イコール怪しいって考えがあります。

オウムの事件が、さらにこの考えを強めたかもしれません。

この映画が公開されたときは、そのオウムの地下鉄サリンの事件の数年後です。

そのため、神の存在の有無等、宗教的部分に反応して、面白くないと思ったのかもしれません。

果たして、真実はどうなのでしょうか?

自分のことでありながら、本当に面白くないと思ったのか謎です。

私も、いろいろ勉強しました。

その結果、本音と建前も少し使えるようになりました。

うそも言えるようにもなりました。

私は、汚れたのでしょうか?

10年前の私と話をすることが出来れば、ヤング私から非難されるかもしれません。

眉間にしわをよせて、自信たっぷりに、今の私を攻め立てる自分が想像できます。

あんた、まだまだ若いな。

これから、沢山苦労するぞ。

そのように、心の中で今の私は思うでしょう。

でも、微笑むだけで、何も言わないかもしれません。

だって、知ってしまうと生きていけないかも知れないからです。

さて、先ほどの、本音と建前や嘘の対する考えです。

これらは、人間関係をうまく進めるために必要な場合もあります。

場合によっては、嘘も必要。

常に本音を語る世界なんて、住みたくありません。

たとえ嘘でも、のちに、嘘がまことになる場合もあります。

ほんの些細な嘘が、相手の心の支えになり、がんばれる場合もあります。

こんなことを、10年前のヤング私に言うと、多分煙たがられるだろうな~

こんな私ですが、はたして、さらに10年後の私は、今の私をどう思うだろうか?

えっ!10年後はこの世にいないかもって?

いや~まだまだ大丈夫だよ~

こんな人が、どうなるかわからないってか!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク