朝のうるさい選挙演説やめてくれ!公明党と日本共産党

私は、朝はとても弱いです。

食欲はないし、すぐはきそうになります。

それでも、生活のために会社に行かなければなりません。

うつむき加減になり、足を引きずりながら、いやいや駅に向かいます。

ホームでは、進行方向に向かって、前の方の列車に乗ります。

なぜなら、人が少ないからです。

ただ、人が大勢いるのを見るだけで、気分がわるくなります。

そうやって、ホームで電車を待っていると・・・

公明党の議員が、拡声器をつかって、駅のホームにむかってわめいています。

勘弁してよ~

最初のころは、皆もめずらしく、耳を傾ける人もいました。

また、この議員、演説がへた。

うるさいのですが、何を言っているか分かりません。

それでも、耳に入ってきます。

どうも、みのもんたを批判しているようです。

私は、今のお前を批判したいよ。

ほとんど、暴力だよ。

それも毎日。

そして、今日はいないのかな?っと思ったら・・・

公明党の代わりに、日本共産党。

こちらは、さらに拡声器の音を上げてやがる。

また、車の上から叫ぶものだから、嫌がらせ度50%アップだよ。

やはり、皆もたまらないのでしょう。

人の迷惑を考えない政治家には背を向けて、電車が来るのを待っています。

こんなことをされたら、今度の選挙では、公明党と日本共産党には絶対投票しません。

とこで、話はかわりますが、ご苦労様って言葉です。

これは、目上の人には使ってはいけないと教わりました。

目上の人に使う場合は、お疲れ様だと思います。

しかし、この公明党と日本共産党の議員は、ご苦労様って叫んでいます。

こいつら、腹の中では、ふんぞりかえっているのでしょうかね~

むかつくけど、選挙までの我慢。

そんな風に考えているかも?

ま~、演説をみていたら、そんな感じがひしひしと感じます。

財政がなんたらっていうのなら、まず、無駄な議員を減らせって言いたいです。

あんたらが、一番無駄だよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク