みんなの本です!大切にしましょう

私は、本を沢山読む方です。

たぶん・・・

でも、本はめったに買いません。

全部、図書館で借ります。

今は便利ですね。

インターネットで、借りたい本が予約できます。

そこで、今回、英会話の本を予約しました。

実は、英語に再び目覚めました。

今までも、何度も挫折しては・・・

の繰り返しです。

いつも、目覚めるたびに、新しい英語学習法を試して見ます。

今回は、発音です。

音声にあわせて練習。

考えてみれば、これって基本ですよね。

いろいろ試してみて、やっとたどり着きました。

これも、いつまで続くか分かりませんが。

今回借りた英語の本は2冊。

どちらもCDが付属しています。

これで、お勉強。

メールを見ると、予約した本が準備できたことの連絡が。

そこで、その英語の本を図書館にとりに行きました。

受付で、予約していることを言うと、本を用意してくれています。

でも、今回、一番の目的のCDがひとつしかありません。

用意してくれている本を見ると、2冊ともCDつきと書いてあります。

もしかして、忘れてるの?

このまま、付録のCDを借りずに帰ることはできません。

そこで、聞いてみました。

「すみません、もう1枚付属のCDがあると思うのですが?」

すると、

「すみません、こちらのCDは紛失しています」

なんてこった、これじゃあ、今回、本を借りる意味がないじゃないか。

今回の英語の本は、どちらかといえば、CDがメインで、本が付録みたいなものです。

まるで、ビッグワンガムについているガムみたいじゃないか~

ま~このたとえ、今の人にはわからないだろうな~

ビッグワンガムとは、お菓子のことです。

おまけとしてプラモデルが付いています。

どちらがメインかというと、プラモデルでしょう。

お菓子は、ガム一枚ですから。

今回の本の内容は、CDの補助説明です。

一応借りたのですが、まったく見ておりません。

ほんと、困るよ~

図書館の本は、みんなのものです。

もっと、大切に扱ってほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク