オスカルさま~!”ベルサイユのばら”にはまってます

仕事から帰り、パソコンの電源を入れる。

とりあえず、このブログとメールの確認。

その後に、ある動画サイトを確認。

おっ!今日は、2話アップされてるぞ~

ところで、食べ物には、食わず嫌いって言葉があります。

これと同じようなものでしょうか?

見ず嫌い。

そして、好きと嫌いは裏返し。

何のことかというと、”ベルサイユのばら”のアニメです。

私は、アニメや漫画は、絵柄で好き嫌いを決めてしまいます。

”ベルサイユのばら”は、見た目が嫌いなアニメでした。

なんだか、男なのに、女みたい。

イメージ的に、バックには薔薇がちりばめているような。

そんな、ベルサイユのばらを見たきっかけは・・・

う~ん、暇だったからしか考えられません。

これって、有名だけど見たことがない。

シェイクスピアの、オセロ、ハムレット、マクベス、リア王見たいなものかも?

タイトルは知っているが、内容は知らない。

で、”ベルサイユのばら”のストーリーですが・・・

ある貴族の家で、女の子が生まれた。

当主は、跡継ぎの男の子を期待していた。

今までに生まれたのは、女の子ばかり。

その当主は、何を血迷ったか、その女の子を男の子として育てることに決定~

おい!なんじゃそれ。

ここで、私の心をわしづかみです。

イメージと違うので、すっかり気に入ってしまいました。

その後は、とんとん拍子に、男?として出世。

もちろん、周りは女と知っている。

その後に、あのマリーアントワネットが出てきます。

マリーアントワネットって、確か首チョンパされたような記憶が・・・

そのマリーアントワネットと、国王の愛人との意地の張り合い。

どろどろの争い。

舞台は、外国なのに、私のイメージは日本の大奥。

まるで、ドアの隙間から、市原悦子がのぞいていても違和感がないような感じがします。

もう私は目を離せません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク